試合レポート

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.18


中村謙吾(熊谷商)※写真は過去の取材より

<春季埼玉県高校野球大会地区予選:熊谷商13-0秩父農工科学(5回コールド)>◇14日◇北部地区代表決定戦◇熊谷公園

汗ばむ陽気の熊谷公園球場。株式会社温泉道場とのネーミングライツ契約締結により、今年度から「おふろcafeハレニワスタジアム熊谷(略称:ハレスタ熊谷)」という名前に変更となった。

第1試合は最速140キロ超えの好投手・中村 謙吾投手(3年)を擁する熊谷商秩父農工科学との一戦。先発は熊谷商がその中村謙、一方の秩父農工科学も、二木 凰介投手(3年)と両エースが登板し試合が始まる。

試合は熊谷商の一方的な展開となった。

熊谷商は初回、秩父農工科学・二木の立ち上がりを攻め、先頭の竹脇 将海(3年)が二ゴロエラーで出塁すると、竹脇はすぐさま二盗を決める。続く菅井 瑛太(2年)も四球で出塁すると、1死後、4番・竹内 一真(3年)が右前適時打を放ち、まず1点、続く中村謙も左前適時打を放ち2点を先制する。さらに暴投でそれぞれが進塁し1死二、三塁とすると、6番・岡安 絢心(3年)が四球を選び1死満塁とチャンスを広げる。ここで、続く大久保 柊摩(3年)が左前適時打を放つと、さらに8番・清水 優汰(2年)も、きっちりと犠飛を放ち、あっという間に4点を先制する。

流れをつかんだ熊谷商は2回にもこの回先頭の竹脇が死球で出塁すると、続く菅井も三塁へ内野安打を放ち無死一、二塁とする。1死後、4番・竹内が左前安打を放ち1死満塁とすると、2死後6番・岡安が押し出しの四球を選び5点差をつける。

熊谷商は3回にもこの回先頭の清水が四球で出塁すると、続く中村優の犠打が内野安打となり、無死一、二塁とする。ここで竹脇が一塁線を破る2点適時二塁打を放つと、1死後、3番・中村 匠(3年)も左前適時打を放ち8点差をつける。中村匠はすぐさま二盗を決めると、続く竹内が投手強襲ヒットを放ち1死一、三塁とチャンスを広げる。

秩父農工科学ベンチは投手強襲だったこともあり、ここで中村 柊斗投手(3年)へスイッチする。

だが、熊谷商はその後も攻撃の手を緩めない。秩父農工科学・中村の代わり端を攻め立て、5番・中村謙が左前適時打を放つと、続く岡安も三塁強襲安打を放ち1死満塁とする。ここで7番・大久保が、きっちりと犠飛を放つと、続く清水の右飛を右翼手が見失い、2点適時三塁打となる。結局この回7点を奪うビッグイニングとし12対0とコールドペースに持ち込む。

4回にも2番・菅井の安打を足がかりに、中村謙の適時打でさらに1点を追加した。

投げては2段モーションでの投球に取り組んでいる熊谷商・中村謙は軸足に重心が乗って、球が走るようになり、3回6奪三振と秩父農工科学打線をパーフェクトに抑えると、4回からは大田 幸志郎投手(3年)も相手打線を寄せ付けなかった。

結局、熊谷商が5回コールドで秩父農工科学を下し、県大会進出を決めた。

秩父農工科学の加藤監督は「中村謙君に関してはマシンを少し前にして打つ練習をして、結果速いけど見えるところまでは行ったんですが、守備に関しては最初のセカンドゴロエラーでガタガタと行ってしまった。ただ、セカンドレギュラーの子が骨折して本来センターの子がセカンドを守ることになったので責められません。夏までには守備を整備したい」と振り返った。

この記事の執筆者: 南 英博

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」