News

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23


徳丸 快晴外野手(3年)

<高校大学交流試合:大阪桐蔭-日本体育大>◇22日◇日本体育大学健志台グラウンド
22日に行われた高校大学交流試合で大阪桐蔭徳丸 快晴外野手(3年)が9回2死から勝ち越しとなる本塁打を放った。2ボールからの3球目、低めを振り抜いた当たりは決勝の一打となった。

6月に入ってから好調を維持している。8日に行われた徳島県の招待試合では、阿南光の高校日本代表候補右腕・吉岡 暖投手から特大弾を放つと、続く9日も雨天中止となった試合で幻の2試合連発弾。16日に富山で行われた招待試合でも富山第一戦で1試合2発と毎週末に本塁打を記録し、直近3週間で5本のハイペースで量産態勢に入っている。

過去には藤原 恭大外野手(ロッテ・18年1位)、松尾 汐恩捕手(DeNA・22年1位)といったNPBへと進んだ選手たちも交流試合で本塁打を放っている。徳丸も歴代の先輩の背中を追うように豪華な一打でチームを勝利に導いた。兄・徳丸 天晴内野手(智辯和歌山-NTT西日本)と共に今秋のドラフトでも注目される強打者が持ち前の打撃で存在感を見せている。

第2試合では、第2打席にレフトの頭上を越える打球で逆方向へのパワーも見せつけた。金属と木製によるバットの違いはあれど、大学生に負けず劣らずの打球を飛ばし、並みの打者ではないことを証明している。強力・大阪桐蔭打線の中軸を担う存在が夏の大会を前にアピールを続けている。

<関連記事はこちら>
◇【スーパー中学生インタビュー】内海竣太(広島北ボーイズ) 強肩強打にスカウト釘付け! プロ注の兄2人に追いつけ!
◇根尾昂はやはりすごい!? 投手転向3年で開幕ローテへ 原点となった少年時代「雪しかなかったから」【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.10】

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.11

部員確保に奔走する元甲子園球児監督、都立東が見せた「夏1勝」のための必死の戦いに見た、高校野球の原点【24年夏・東東京大会】

2024.07.12

島根が開幕!島根中央が7回コールドで完封勝利を挙げる【2024夏の甲子園】

2024.07.12

埼玉では北本・生井がシード川越西を完封、川越工はサヨナラ勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.12

北海敗退、連勝は29で止まる!札幌光星、札幌日大、札幌大谷が南北海道8強へ【2024夏の甲子園】

2024.07.12

岩手では盛岡工が逆転勝ち、花巻北、盛岡中央も初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!