News

白山高元監督の“下剋上球児”再現はあるのか!? センバツ1勝の宇治山田商、2年生集団で東海大会準優勝の菰野など各ブロックの見所を紹介【2024夏・三重大会展望】

2024.07.05


中村駿亮(津田学園)、贄慶太(菰野)

昨夏はいなべ総合学園が7年ぶり3回目の復活優勝を果たした三重大会。昨秋には伝統校の宇治山田商が東海地区大会ベスト4に食い込み、センバツ出場をはたしている。また、菰野も今春の東海地区大会準優勝。過去の実績ある学校が復活を示した1年だった。
一方で昴学園神村学園伊賀など新鋭校の躍進も目立つ。そんな中で春季県大会を制したのは津田学園だった。果たして、7月6日から開幕する夏の三重大会はどのような戦いになるか。60チームが参加する大会を展望していきたい。

【トーナメント表】夏の三重県大会組み合わせ

津田学園、宇治山田商の対抗馬は?

津田学園が第1シードで、第4シードが宇治山田商のブロックから見ていこう。第5シードでは皇學館明野が入っている。シード校中心の展開となっていくであろうが、津田学園が初戦となる松阪商伊賀白鳳の勝者を退けると、3回戦は、昨秋に創部4年目で東海大会初出場を果たしている神村学園伊賀と当たる可能性がある。

津田学園はエースで主将の中村 駿亮投手(3年)が中心となるが、竹内 巴城内野手(3年)と岡 拓久朗内野手(3年)の二遊間の守りは定評がある。「守りからリズムを作って、粘り強く戦う」という佐川 竜朗監督の考え方も浸透している。ベスト8では、近年8強までは進出している皇學館高田あたりとの対戦が有力だ。

宇治山田商は185センチの大型右腕・中村 帆高投手(3年)と安定感のある田中 燿太投手(3年)に、試合を作れるまとまりを持つ加古 真大投手(2年)の3人の投手陣がいる。
彼らに挑むことになりそうなのが、3回戦では昨秋の準優勝校の鈴鹿か。小柄な今村 颯投手(3年)と長身・高山 航太朗投手(3年)のコントラストも継投になると面白い。打線では左の好打者・中井 泰庸外野手(3年)にも注目だ。準々決勝には第5シードの明野松阪あたりが上がってきそう。準決勝で宇治山田商津田学園の対戦となれば、今春と昨秋の県大会優勝校同士の対決ということになる。

次のページ:菰野ブロックはいなべ総合、18年の白山を甲子園に導いた指揮官が率いる昴学園の戦いに注目

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」