News

今年は投手大豊作・南北北海道大会に出場する8人の怪腕!打者圧倒の北照・高橋、奪三振王、旭川実・田中が双璧!

2024.07.10


田中稜真(旭川実)、高橋幸佑(北照)

11日から南北海道大会、13日から北北海道大会が開幕する。今年の北海道大会はプロ注目投手が多い投手豊作年となっている。

南北海道では全国ランク16位の左腕・高橋(北照)に注目

南北海道では北照の147キロ左腕・高橋 幸佑投手(3年)が多数のプロ球団から注目されている。左スリークォーターから繰り出す140キロ中盤の速球、切れ味鋭いスライダーで打者を圧倒し、支部予選でも好投をみせた。ドラフト中位での指名が予想されるが、5年ぶりの甲子園出場で、さらに評価を高めたい。

三季連続の甲子園出場を狙う北海松田 収司投手(2年)が復活したのが大きい。右スリークォーターから140キロ前後の速球、スライダーをきっちりと投げ分け、投球の完成度が高い右腕だ。実力的には3年生投手と遜色ない。

札幌日大小熊 梓龍投手(3年)は左スリークォーター気味から最速143キロの速球、スライダーを投げ込む札幌地区屈指の好左腕。支部予選では東海大札幌相手に7回を投げて、9奪三振、2失点の好投を見せた。
札幌大谷菊地 大一投手(3年)は伸びやかな投球フォームから最速147キロを誇る本格派右腕。荒削りだが、ポテンシャルは非常に高い。
札幌第一阿部 拓貴投手(3年)は下級生から注目を浴び、145キロを計測する右腕。南北海道大会でも活躍を見せることができるか。

北北海道では旭川実・田中が奪三振ラッシュ! スカウト評価もうなぎ上り!

北北海道では旭川実の151キロ右腕・田中 稜真投手(3年)が北海道No.1右腕という評価を与えられている。178センチ80キロという体型から鋭く腕を振って、常時145キロ前後の速球と、スライダー、カーブ、チェンジアップを巧みに投げ分ける。支部予選では15回を投げ28奪三振の快投だった。多数の球団スカウトから視察され、ドラフト上位候補として注目される田中は2010年以来、14年ぶりの甲子園出場に導くことができるか。

北見柏陽の147キロ左腕・山内 悠生投手(3年)は荒削りだが、常時140キロ前半の速球、曲がりが大きいスライダーは光るものがある。
2年ぶりの甲子園出場を目指す旭川志峯(旧旭川大高)のエース・小笠原 大翔(3年)はしなやかな腕の振りから繰り出す140キロ前半の速球を投げ、緩急を使った投球もできる右の本格派だ。

次のページ:【一覧】北海道の注目投手リスト

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.09

グラウンド使用は週1日だけ!「守備には目をつぶる」豊島学院が打撃戦を制する【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

滋賀に現れた163センチのショートがプロ志望を表明!憧れは田中幹也(中日)【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.09

グラウンド使用は週1日だけ!「守備には目をつぶる」豊島学院が打撃戦を制する【24年夏・東東京大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】