試合レポート

MAX120キロ”遅速左腕”が完投! 豊富な投手陣誇る桜井が昨秋4位校破る【24夏・奈良大会】

2024.07.11


1失点完投勝利を飾った上島颯太(桜井)

<第106回全国高等学校野球選手権奈良大会・2回戦◇桜井 3-1 奈良北◇10日◇さとやくスタジアム>

【トーナメント表】夏の奈良大会 10日までの結果

1回裏に3点を先制した桜井が逃げ切った。

投打で勝利の立役者となったのが5番投手で背番号7の左腕・上島 颯太(2年)。投げては8安打2四球3奪三振で1失点完投、打っては4打数2安打1打点の活躍を見せた。

まず見せ場を作ったのは打撃。2点リードの1回裏に一死三塁から中前適時打を放つと、3回裏の第2打席では右中間への二塁打で出塁した。

これで勢いに乗った上島はマウンドでも躍動。ストレートの最速は「120キロいかないくらい」だが、「ストライク先行のピッチングができた」とスライダーやカーブで緩急を上手く使い、打たせて取る投球で凡打の山を築いていく。

桜井には最速141キロ右腕のエース・植田 悠介(3年)など多彩な投手陣を擁する。しかし、リリーフを仰ぐ必要がないほどにこの日の上島の状態が良かった。

それに応えてバックも無失策で応える。春の県大会では8失策で負ける試合があったが、「二遊間中心にミスなく守り切ってくれたのが今日の勝因かなと思います」(木下正貴監督)と遊撃手の水島 忠宏(3年)を中心に堅い守りを披露した。

上島は9回二死から連打を浴びて一、二塁のピンチを招いたが、最後は代打の辻井 宏幸(3年)から三振を奪って1失点完投。「良いピッチングができて本当に嬉しかったです」と声を弾ませた。

「しんどいことにも音を上げず、淡々と努力する子。入学した当初はそんなに力がなかったですけど、どんどん力を付けてきてくれました。桜井高校を代表できるような人で、内面が凄く良い」と上島について語る木下監督。地道な努力の成果が大事な試合で出た形となった。

「先輩とできるだけ長く一緒に試合をして、上を目指して頑張っていきたいです」と今後の抱負を語った上島。頼もしい2年生がチームに勢いを付けている。

<関連記事>
◆【一覧】夏の奈良大会 注目選手
◆9球団スカウト注視の中で…注目度急上昇の”素材型ショート”岸本佑也(奈良大附)が爆肩披露【24夏・奈良大会】
◆【一覧】奈良 夏のシード校と昨秋・今春の4強
◆編集部が選ぶ『トッププロスペクト123名』!
◆【一覧】近畿地区 主な「好カード」「注目カード」
◆天理 チーム紹介

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.12

埼玉では北本・生井がシード川越西を完封、川越工はサヨナラ勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.12

校名が消える……プロも輩出・塔南最後の夏はコールド発進!140キロ右腕2人を擁する好チーム「甲子園に名前を刻みたい」【24年夏・京都大会】

2024.07.12

岩手では盛岡工が逆転勝ち、花巻北、盛岡中央も初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】