試合レポート

3連覇へ日大三が初戦突破!チームは”夏の初戦“の難しさ痛感も 「勝ったからこそ次がある」【24年夏・西東京大会】

2024.07.11


日大三・主将の土井 貴仙外野手

<第106回全国高校野球選手権西東京大会:武蔵 0―6 日大三>◇10日◇2回戦◇スリーボンドスタジアム上柚木

ノーシードからの3連覇を目指す日大三は、武蔵を相手に6対0で勝利。初戦を快勝で飾ったが、三木 有造監督は「課題は全部です」と口にしていた。

打線は武蔵の先発・尾花 優斗投手(3年)に苦しめられた。初回の攻撃で先頭打者が四球で出塁するも、2番で送れず後続も倒れて三者凡退。試合のペースを握ることができず、その後も相手の力強い直球を捉えきれずにいた。

これには三木監督も、「ストライク、ボールをしっかりと見極めていこうと言っていたんだけど、ボール球ばかり振ってしまった」と指摘。春季大会から課題に挙げていた高めの球の見極めが甘く、得点につなげることができなかった。

5回には無死1,2塁のピンチからマウンドに上がったエース左腕・谷亀 和希投手(3年)が先制点を許さない気迫の投球を見せる。直後にベンチ前で選手を集め、「やるべきことがきていない」と指揮官自ら選手たちの気を引き締めた。

さらに6回のグラウンド整備の間にも選手達への問いかけは続いた。「選手たちが『なんとかチームを勝利へ切り開かないといけない』という自覚を持たないといけない。一つ間違ったら自分勝手になってしまう」と危機感を募らせる。

「選手たちは堅かった」と、夏の初戦の難しさを痛感したが、甲子園出場に向け、大会期間中にどこまで修正できるかが今後のカギとなりそうだ。

6回以降、土井 貴仙外野手(3年)も、「なんとか好投している投手陣を助けたかった」と気合いを入れ、6点を奪った。自身も犠牲フライに繋がる3塁打を放つと、7回には適時打を記録して勝利に貢献。それでも、「あの場面で打てたら『よっしゃ』ってなると思いますけど、チーム全体で投手にボールが戻ってくるまで目を切らさずにして欲しい」と冷静だ。

「勝ったからこそ次がある」(土井主将)。3連覇を目指すチームは一戦必勝を掲げ、目の前の勝利に全力をかける。

この記事の執筆者: 塩澤 風太

関連記事

1 Comment

  1. 匿名

    2024-07-11 at 11:56 AM

    相変わらず誤字・脱字が多い。
    「やるべきことがきていない」は、できていないの誤りだろう
    ライターの力量不足、運営側のチェック不足、
    このサイトこそ「「やるべきことができていない」。
    精一杯プレイしている、高校球児たちに失礼。

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.14

創部3年目・エナジックが昨夏王者にコールド勝ち!東海大福岡は8強入り【九州実力校・13日の試合結果】

2024.07.14

旭川実がプロ注目投手の活躍でコールド勝ち!金足農は吉田輝星・弟の完封で8強入り【北海道東北実力校・13日の試合結果】

2024.07.14

【全国注目シード校・成績速報】初戦を迎えたシード校に明暗!全国24校が初戦突破も、静岡で3校、青森で2校が初戦敗退【2024夏の甲子園】

2024.07.14

センバツ王者・健大高崎、花咲徳栄が主砲の一振りで快勝!専大松戸、前橋商もコールド発進!【関東実力校・13日の試合結果】

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】