試合レポート

東京から奄美大島へ…。148センチの代打が流れを変え、一時リードした大島!鹿児島実に逆転負けも、最後までプロ注目右腕を追い詰める【24年夏・鹿児島大会】

2024.07.10


井上 剣也(鹿児島実)

<第106回全国高校野球選手権鹿児島大会:鹿児島実 7-4 大島>◇9日◇1回戦◇鴨池市民球場

【トーナメント表】夏の鹿児島大会 ここまでの結果

鹿児島実大島。2年前の夏の決勝戦に象徴されるように、過去度々対戦し、好勝負を繰り広げてきた1回戦最注目の好カードだった。

序盤は鹿児島実がペースを握った。2回裏に7番・丸山 陸(3年)で先制し、3回は四球、けん制悪送球で好機を広げ、3番・下原口 仁(3年)の左前適時打、6番・新改 幸士朗主将(3年)の中前適時打で2点を加えた。

5回まで今大会注目度ナンバーワンの好右腕・井上 剣也(3年)の前に1安打に抑えられていた大島だったが6回に反撃に転じる。

先頭の1番・吉野 翔(3年)が四球を選び、初めて先頭打者が出塁すると、3番・要彌 真登主将(3年)がエンドランを決めて一三塁と好機が広がり、4番・永田 泰雅(3年)の中前適時打で1点を返す。

二死一二塁と好機が続き、6番・富 虎太郎(3年)が右越え二塁打を放って2点目。代打・橋口 青波(3年)が中前2点適時打を放ち、計4点を返して逆転に成功した。
その裏、鹿児島実は二死二三塁で1番・満留 裕星(3年)が中前2点適時打で再び逆転に成功。8回表の一死満塁のピンチをしのぐと、その裏に2番・髙橋 裟輝亜(3年)の右越え2点適時二塁打で点差を3点に広げた。大島の粘りに苦しみながらも、最後は3点差を守り切った鹿児島実がシード校の底力を発揮した。

3点差を追いかける5回表。大島の小林 誠矢監督が先頭打者の代打に指名したのは、身長148センチの森 翔太(3年)だった。
幼い頃から軟骨無形成症の難病を患う。小3の頃、東京から奄美大島の古仁屋にやってきた。2つ上の求 航太郎(現・東海大)が「一緒に野球をやろうぜ!」とハンディーのある自分にも、分け隔てなく接してくれたことで野球が好きになった。

満足に走れず、守備は心もとない。高校でも野球を続けるかどうか迷ったが「小ささを逆に生かせ!」と勧めてくれたのも求だった。代打の一振りで仕留められるようバットを振り込んだ。身長が極端に低い分、ストライクゾーンが狭くなるので四球で出塁も狙える。

それまでプロ注目の右腕・井上に手も足もでてなかった「流れを変える」(小林監督)仕事を森に託した。
「ベルトより上のボールは振らない。ベルトより下のボールをしっかり叩く」。2ボール1ストライクから4球目を強振。三ゴロで出塁は叶わなかったが、森が恐れずに弾き返したことで、試合の流れは明らかに変わった。

6回の逆転劇の場面。エンドランを決めた3番・要主将は「森が弾き返してくれたことで打席での恐怖心がなくなった」という。常速140キロ超の速球対策は散々やってきたが、実際に打席に立つと恐怖心がどうしても拭い去れなかった。それが6回は恐怖が消え去り「絶対に打てるというゾーンにみんなが入って、楽しかった」。

劣勢の流れを覆し、過去の対戦で一度もリードすることさえできなかった鹿児島実を逆転できた。「束になった時の力はすごい」(小林監督)ことを証明してみせた。とはいえ、またしても勝てなかったのも現実。喫した3失策がことごとく失点に絡んだ。この現実から目をそらしてはいけない。

「人生に挑戦して欲しい」。試合後、小林監督はナインに語り掛ける。3年生はこれからの進路に、残る1、2年生は「島から甲子園」という夢に挑戦し続ける。叶う保証はなくても挑み続ける。大島が過去の先輩たちから脈々と受け継いでいく誇るべき「伝統」だ。

<関連記事>
◇【トーナメント表】夏の鹿児島大会 結果一覧
◇【鹿児島大会展望】県内無双・神村学園を止めるのは!? 最強投手陣の鹿児島実、躍進続くれいめい、鹿屋農… 初戦から激闘必至
◇春王者・鹿児島実が苦しみながらも初戦突破!最速151キロのエース右腕が一時逆転許すも打線が奮起!
◇圧倒的馬力! 鹿児島実の151キロ右腕・井上 剣也の実力を徹底分析!ライバル・神村学園を翻弄する投球術を身に付けられるか?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>
◇鹿児島工が「工業対決」に競り勝つ!【24年夏・鹿児島大会】

この記事の執筆者: 政 純一郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.09

グラウンド使用は週1日だけ!「守備には目をつぶる」豊島学院が打撃戦を制する【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

滋賀に現れた163センチのショートがプロ志望を表明!憧れは田中幹也(中日)【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.09

グラウンド使用は週1日だけ!「守備には目をつぶる」豊島学院が打撃戦を制する【24年夏・東東京大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】