木更津総合vs千葉黎明の一戦が地区予選で実現!木更津総合が投打で圧倒し、県大会進出

 夏ベスト8の千葉黎明と夏準優勝の木更津総合の対戦という、千葉の高校野球ファンならばときめくような好カードが秋季千葉県大会予選で実現した。

 例年の8ブロック別の地区予選ならば実現しないカード。しかし今回は総当りの予選となったため、今回のカードが実現した。

両投手のハイレベルな投げ合い



越井 颯一郎(木更津総合)

 改めて見て、県大会上位レベルの試合と思わせるほどハイレベルだった。
まず木更津総合の先発・越井 颯一郎は180センチ74キロと、下級生の時と比べると全身を効率よく使うことを意識した投球フォームに変化した。左足をゆったりと上げて、滑らかな体重移動。左肩をやや下げて真上から振り下ろすフォームは篠木 健太郎というより、吉田 輝星に近い。

 常時130キロ中盤〜130キロ後半(最速138キロ)の速球は勢いがあり、スライダー、カーブを上手く使う本格派だ。1年生の時と比べると体の使い方が実に効率的になり、球持ちもかなり良くなった。130キロ後半でも回転数の高いストレートで次々と三振を奪う投球は実に爽快感があった。越井も伸びのあるストレートを投げることを重視しており、その成果が見えたストレートだった。

 「僕は速いボールの変化しかなかったので、緩急が必要でした」とカーブの割合を増やしストレートを速く見せる投球も実に良い。荒々しさがあった1年生の時と比べると、だいぶ洗練されている。


小野 賢生(千葉黎明)

 一方、千葉黎明の先発・小野 賢生はこの夏8強入りに貢献した右の本格派。右スリークォーターから常時130キロ〜135キロ前後の速球、スライダー、カーブを丁寧に投げ分ける好投手で、やはり秋の段階では抜けている。素質的には5年前のエース・川口 廉(元JFE東日本)に負けていない投手だといえる。

 5回まで0対0だったが、6回表についに試合が動く。