目次

[1]甲子園通算戦績
[2]プロ入りした選手
[3]主な選手の進路<2009〜2016年卒>
[4]主な選手の進路<2017〜2018年卒>
[5]主な選手の進路<2019〜2020年卒>

 今春中止となった選抜大会を含め、春夏通算21回出場、優勝8回(夏5回、春3回)と圧倒的な成績を誇る大阪桐蔭。主な卒業生には中村剛也、平田 良介中田 翔森 友哉など、日本プロ野球を牽引する選手ばかり。プロだけでなく、アマチュア野球界でも数多くの選手が活躍している。

 全寮制で、大阪桐蔭のユニフォームを着るために全国各地からトップクラスの実力を持った球児が集結する。U18侍日本代表の監督も務めた西谷浩一監督の下、常に高校野球界の先頭を走る大阪桐蔭のこれまでの戦績、プロ入りを果たして選手、主な卒業生の進路先を紹介したい。

甲子園通算戦績


【甲子園通算成績】

夏 37勝5敗 優勝5回
春 26勝7敗 優勝3回

1991年(春)準々決勝敗退(ベスト8)
1991年(夏)優勝
2002年(夏)1回戦敗退
2004年(春)2回戦敗退
2005年(夏)準決勝敗退(ベスト4)
2006年(夏)2回戦敗退
2007年(春)準々決勝敗退(ベスト8)
2008年(夏)優勝
2010年(春)2回戦敗退
2012年(春)優勝
2012年(夏)優勝
2013年(春)3回戦敗退
2013年(夏)3回戦敗退
2014年(夏)優勝
2015年(春)準決勝敗退(ベスト4)
2016年(春)2回戦敗退
2017年(春)優勝
2017年(夏)3回戦敗退
2018年(春)優勝
2018年(夏)優勝