10月11日のドラフト会議が迫ってきた。今回はドラフト会議の解説でお馴染みのスポーツライター・小関順二さんをお招きし、今年の高校生や、各球団の若手メンバー構成、補強ポイント、おすすめの1位候補などに迫ります。今回はセ・リーグの第3回巨人をお届けします。


――25歳以下のチーム編成ではどうなりましたか?

小関:僕の中ではCランクです。全然ダメ。岡本 和真がいてですよ。岸田 行倫秋広 優人廣岡 大志、岡本、湯浅 大菊田 拡和山下 航汰八百板 卓丸、投手は戸郷 翔征高橋 優貴は一軍だが、直江 大輔山崎 伊織横川 凱大江 竜聖谷岡 竜平、井上 温大[/player]と、僕の中ではこういうメンバーしかできなかった。

 巨人にとって、取り巻く環境が変わってきたことも大きな原因だと小関氏は分析する。大きな危機感をもって、ドラフトに向かわなければ、ブランドに傷がつく。

小関:これは相当頑張ってチーム作りしないといけない。巨人はこれまでトレードで選手を取れていたが、今の時代、超一流は取れない。残留するし、MLBにいってしまう。巨人にいくという選択をしない時代。ドラフトで頑張らないと、強さを維持できないと思う。

――ドラフトはどんな戦略がいいのか

小関:投手も野手も、特に外野まで危機的。若手がいない。そのなかで、慶応大の正木は未完成なんだけど、素材としては1位になるだけのものはある。巨人も過去に慶応の選手を指名しているので、正木は面白いと思う。

 即戦力の若手野手として、慶応大の正木 智也をおススメする。東京六大学で長打力のある外野手として、実績は十分。花のあるスター候補としても申し分ない。

小関:慶応は面白い大学で、東京六大学では高校の名前の知れている選手をとって、出てこなかったりするが、慶応はそういう選手はとらない。でも慶應義塾から上がってきた選手とか、巨人にいった今阪神の山本 泰寛とか、ちょこちょこ出てくる。今、2年生に広瀬 隆太という選手もいる。正木もそうですよね。そういう選手をドラフトの対象になるまでのスケールに仕上げるというのは、育て上げる監督、コーチ陣の能力がすごく高い。東京六大学の中ではピカ一だと思っている。その正木がプロでどこまでなっていくか、見てみたい。まだまだですよ。岡本とか、村上とかとは違うけど、長打を打てるかというのはなかなか苦労すると思うが、育っていく楽しみがある。

 小関氏は慶応大の特徴を口にし、正木の成長曲線についても期待は大きいと分析している。高校時代はそんなに名前が知られていなくても、慶応大独自の指導者に恵まれた環境を経て育ったスラッガーが、プロの世界でどこまで通用するのか。巨人というブランド価値を高めるにも最適だ。

 さらに投手については、「隠し玉」的な存在も口にした。

小関:スケールの大きい選手を指名してほしい。野手も投手も。投手なら小園 健太森木 大智とか。当たり前の名前が出てくるんだけど、日本通運の柴田 大地がどこまでの人気になるのか。トミージョン手術明けで今年が1年目。それでも156キロ投げたし、素材としては魅力ありますよね。映像しかみてないんですけど、これから試合をみるつもりだが悪くないフォームは悪くない。そしてひたすら球が強い。こういう選手も面白い。

 巨人は花があって強くないといけない。そんなイメージがついているが、今年のドラフトについては、その筆頭候補として慶応大・正木を1位指名し、速球派の社会人にも目を向けてほしいと小関氏は祈っている。

(記事:編集部)