6月7日から開催される全日本大学野球選手権。明治神宮球場、東京ドームの2会場で開催される。今回、高校野球ドットコムでは大学選手権特集として、動画特集を行った。前編では東京六大学、東都大学野球の注目選手を紹介したが、今回は動画で紹介した各大学の注目選手を紹介したい。ぜひ動画で選手たちのプレーシーンを見ていただきたい。


 激しい優勝争いを繰り広げ、優勝決定戦で帝京大を破り、初の大学選手権出場を決めた桜美林大は、MVPに選出された山本 雅樹投手(中越)は140キロ前半の速球とキレのあるスライダーを投げ込む好右腕。

 また、多間 隼介投手(北海出身)は、最後の夏、阪口 皓亮(DeNA)投手とともに甲子園出場。多間投手はエースとして活躍していた。桜美林大では技巧派左腕としてさらなる成長を果たし、この春のリーグ戦では最優秀投手に輝く活躍を見せた。

 桐蔭横浜大からは3年生の吉田 賢吾(横浜商科大)をピックアップ。2年次からレギュラーに定着。昨シーズンは5番打者として、現西武ライオンズ渡部の後ろを任され、打率0.426と活躍し、リーグ優勝、関東大会優勝に貢献した。今シーズンは正捕手、4番打者としてチームを牽引し、持ち前のリーダーシップでチームを支えている。

 2021年春季リーグ戦成績 打率0.380 安打19本 打点9

 続いて愛知大学野球連盟代表の名城大だ。2年生ながら主力投手へ成長した松本 凌人投手を紹介したい。神戸国際大附時代は右サイドから140キロ中盤の速球を投げ込む全国レベルの好投手。今では最速150キロの直球とスライダーを武器にする豪腕サイドハンドへ成長。この大会で高い評価を得ることができるか注目だ。

リーグ戦成績
7試合 防御率1.69 4勝1敗 26.1回 20奪三振