7月1日から一斉に公式戦が開催される。第103回千葉大会。千葉県いえば、投手王国といわれているように、千葉ロッテで活躍する唐川侑己。東北楽天ですでに7勝を挙げている早川隆久など投手の活躍が目立つ。

 また、高卒指名投手が毎年続いており、ドラフト的にはかなり注目度が高い県である。

2021年千葉大会展望
第1回:専大松戸ブロックに強豪校集結…。それでも専大松戸が期待できる理由
第2回:県立船橋、市立船橋、幕張総合のブロックに実力が集結!ノーシード大躍進の可能性大!
第3回:成田、木更津総合、習志野…と注目度No.1ブロックのシード校の課題は?
第4回:全国屈指のスラッガー擁する千葉学芸と投手力は県内ナンバーワンの中央学院の課題は?

2010年以降の高卒からプロ入りした千葉出身選手


【投手】
2011年 上沢 直之 専大松戸-北海道日本ハム)
     森 和樹市立柏-元巨人)
2012年 相内 誠千葉国際-元埼玉西武)
2015年 原 嵩専大松戸-千葉ロッテ)
2016年 島 孝明(東海大市原望洋-元千葉ロッテ)
2017年 金久保 優斗(東海大市原望洋-東京ヤクルト)
2018年 古谷 拓郎習志野-千葉ロッテ)
2019年 横山 陸人専大松戸-千葉ロッテ)

【野手】
2015年 渡辺 大樹専大松戸-東京ヤクルト)
2019年 長岡 秀樹八千代松陰-東京ヤクルト)

 投手は早川 隆久木更津総合-早稲田大)、ソフトバンクで活躍する高橋 礼専大松戸-専修大)のように大学経由で活躍する投手も多く、「投手王国千葉」といわれたのも頷ける。

 今年は過去最高のドラフト指名が期待できるのでは?と期待されている。近年で、高卒から最も指名が多かったのは2007年の5名。

丸 佳浩千葉経大附-広島-巨人)
唐川 侑己成田-千葉ロッテ)
岩嵜翔(市立船橋-福岡ソフトバンク)
山崎 正貴市立船橋-元オリックス)
坂本 大空也市立柏-元横浜)

 2007年以来の5名のプロ入りが期待できるのも、野手のレベルが例年以上に高いということが大きい。