今年は159名の高校生がプロ志望届を提出した。ここでは10月11日に吉報を待つ選手たちの顔ぶれと特徴を紹介する。

高校生プロ志望届提出者リスト(一言メモ付き)


田中 楓基旭川実 千葉ロッテマリーンズ育成1位
北北海道の速球王。真上から振り下ろすフォームから繰り出す140キロ後半の速球が魅力的。

山口 航汰旭川大高

木村 大成北海 福岡ソフトバンクホークス3位
左スリークォーターから140キロ中盤の速球、スライダーで翻弄する今年の高校生を代表する大型左腕。

大津 綾也北海 読売ジャイアンツ育成10位
夏の甲子園ではスローイングタイム1.83をマーク。さらにキャッチングの良さも高く評価されている。

浦本 晃聖札幌創成

前川 佳央札幌日大
バランスが取れた右の好投手。140キロ前後の速球、スライダー、カーブを丁寧に投げ分けてゲームメイクしている。

小濱 優人クラーク記念国際
遠投103mの地肩を活かして、二塁送球は 1.98 秒を記録する強肩捕手。

横山 永遠八戸学院光星
140キロ後半の速球を投げ込む好投手。打っては春の県大会で巧みな打撃を披露して打率5割。

福島 蓮八戸西 北海道日本ハムファイターズ育成1位
189センチの長身からゲームメイクがじつに上手い好投手。角度のあるストレートで押していくところが特徴。アウトコースの出し入れとインコースをついたピッチングが持ち味。

黒田 将矢八戸工大一 埼玉西武ライオンズ5位
188センチの長身から140キロ後半の速球を投げ込み、最速149キロを計測する。

藤澤 主樹黒沢尻工
角度をつけた速球が持ち味の右腕。

佐々木 海允大曲工
140キロ前後の直球と力強い打撃が光る選手。

風間 球打明桜 福岡ソフトバンクホークス1位
最速157キロ右腕の風間は高校生どころか、大学・社会人・独立含めてもNO.1と呼べるほどのストレートの圧力がある。ポテンシャル的には球界を背負って立つ逸材であることは間違いない。

菅井 信也山本学園 埼玉西武ライオンズ育成3位
ストレートは140キロを超える長身左腕。

滝口 琉偉日大山形
恵まれた体格から140キロ中盤の速球を投げ込む本格右腕。

大河原 翔東海大山形 読売ジャイアンツ育成3位
最後の夏は山形城北戦で5番で出場し、ホームランも放ったスラッガー。

田端 真陽ダッタ東海大山形
インド人の父を持ち、山形大会の決勝でホームランも放ったスラッガー。

鎌田 渚山形城北

秋山 俊仙台育英
脚力の高さ、守備範囲の広さを誇るセンター守備、さらにミートセンスの高さを感じさせる打撃。今後も飛躍を予感させる打者。

佐久間 拓斗田村 福岡ソフトバンクホークス育成8位
屈強な体格から豪快なバッティングを見せる強打者。

中沢 匠磨白鷗大足利
昨秋、怪我で苦しんでいたが、春の県大会では全力投球で140キロ前後の速球を投げ込んでおり、復活の兆しが見える右腕。

伊藤 翔哉青藍泰斗
中学時代は宇都宮リトルシニアでプレーし、青藍泰斗では主将として粘り強さの光るプレーで牽引した。

篠原 正紀関東学園大附
好調時で140キロ中盤の速球で押す投球ができる力投派右腕。

大澤 駿斗伊勢崎清明

吉野 創士昌平東北楽天ゴールデンイーグルス1位
高校通算56本塁打の長打力は見るべきものはある。さらに脚力、強肩も見栄えする。グラウンドに立つと映えるタイプで、花形選手になる可能性がある。

堀越 啓太花咲徳栄
140キロ中盤の速球、切れのあるスライダーで勝負する速球派右腕。今年の花咲徳栄で最も速いボールを投げられる逸材。

味谷 大誠花咲徳栄 中日ドラゴンズ4位
秋から急激に成長を見せた好捕手で、スローイングタイム1.8秒台を叩き出す強肩で、シャープなスイングで長打を量産。さらにベースランニングも軽快で、走攻守三拍子揃う。

鈴木 元太所沢中央

山崎 晋太郎川口工

石上 大輔武蔵越生
最後の夏、昌平戦でホームランを放った強打の捕手。

藤 希日本航空
智辯学園戦で最速140キロをマークした左の速球派投手。

エドポロ ケイン日本航空
通算24本塁打の長打力はトップレベルで、勢いに乗った時の打撃は手がつけられないものがある。

村山 亮介幕張総合 千葉ロッテマリーンズ育成4位
高校通算36本塁打とスローイングタイム1.9秒台(最速1,86秒)の強肩と、公立校ながらそのポテンシャルの高さは高く評価をされている。

粟飯原 龍之介東京学館 横浜DeNAベイスターズ3位
高校通算33本塁打の長打力、抜群の強肩、俊足を武器にする大型遊撃手。

有薗 直輝千葉学芸 北海道日本ハムファイターズ2位
高校通算70本塁打の長打力は素晴らしく、あまり三振をしない選手。

仲條 温人横芝敬愛
長身を生かして角度のあるボールを投げ込む大型左腕。

深沢 鳳介専大松戸 横浜DeNAベイスターズ5位
右の速球派が多い中、明確に差別化できる逸材。公式戦8完封記録。140キロ前半のストレートを左打者相手にも強気に内角攻めができて、スライダー、シンカー。そしてこの投げ方でカーブで三振が取れる。

瀧本 将生市立松戸 福岡ソフトバンクホークス育成11位
威力のある130キロ後半の速球を投げ込む期待の好右腕。

市川 祐関東一
常時140キロ後半〜152キロのストレートは素晴らしい。スライダー、ツーシームと変化球の精度も抜群。

十鳥 真己東京実
恵まれた大きな身体を活かして、鋭いレベルスイングでバットを振り抜き、一気に打球を飛ばしていく

清水 武蔵国士舘
打席に入った時の集中力、スイング軌道の滑らかさ。すべてにおいて高レベル。また身のこなしが軽快で、強肩が光る遊撃守備も見逃せない。

有馬 拓都立足立西
長身を生かして角度を付けながら、力強い真っすぐを投げ込む右腕。

山崎 正義都立紅葉川
最速130キロ前半ではあるが、120キロ台を計測するカットボールで空振りを誘う本格派右腕。

秋山 正雲二松学舎大附 千葉ロッテマリーンズ4位
安定して140キロ前半を計測する。スライダーや、ここ一番で決まる内外低めの直球、そしてチェンジアップと引き出しも豊富。高評価するスカウトも多い。

羽田 慎之介八王子 埼玉西武ライオンズ4位
190センチを超える長身から投げ込む145キロ前後の速球、キレのあるスライダー、フォークで翻弄する投球は本物。

神谷 翔吾東京実
長打力が持ち味の打てる。また1.9秒台のスローイングはセカンドベースまで一直線上に伸びていく球筋で、非常に勢いがある。

田倉 正翔堀越
小学生の時に横浜DeNAベイスターズジュニアを経験。パワーを生かしたバッティングが持ち味。

髙橋 零寒川

町田 隼乙光明相模原
強肩強打の捕手として、チームを牽引した注目選手。

金子 功児光明相模原
チームでは攻守の要として牽引した遊撃手。

加藤 隆斗川崎総合科学
140キロを超える速球に、変化球も多彩な潜在能力溢れる投手。

永島田 輝斗立花学園 千葉ロッテマリーンズ育成3位
最速150キロの速球、130キロ近いフォークは魅力的。短いイニングで見せるパワーピッチングは超高校級のものがある。

柳澤 大空日大藤沢 東北楽天ゴールデンイーグルス育成2位
強肩でスペックは高いが、プロで活躍する時は大きく打撃フォームが改善されている場合だろう。

阿部 和広平塚学園 北海道日本ハムファイターズ育成4位
フルスイングが光るチームのリードオフマン。

山岸 翠横浜創学館
最速149キロの速球、スライダー、シンカーを投げ分ける右サイドハンド。

石田 隼都東海大相模 読売ジャイアンツ4位
世代屈指のテクニシャン。タイミングが取りにくい高速フォームに加え、これは打てないと思わせるチェンジアップのコンビネーションが素晴らしい。

金井 慎之介横浜
甲子園で140キロ前後。150キロ前後の速球を投げ込むポテンシャルは秘めている。

稲田 翔太朗横浜創学館
この夏、神奈川大会では準優勝を経験。

加賀美 祐太武相

中島 凜斗佐久平総合技術

笹原 操希上田西 読売ジャイアンツ育成4位
北信越屈指の大型外野手。昨年の秋の北信越大会では打率.412、長打率.824をマーク。さらに強肩で次々と捕殺を記録する。

松田 盛健東京都市大塩尻
扇の要だけではなく、チームをまとめる主将でもある。

滝澤 夏央関根学園 西武ライオンズ育成2位
中学時代はKボールの県選抜を経験。走攻守すべてで高いレベルを持つ。

岡本 寛太新井
最速142キロを計測する真っすぐが持ち味の剛腕。

上野 飛鳥高田商
投打で高い能力をもつ二刀流。

中村 来生高岡第一 広島東洋カープ育成3位
190センチを超える長身から140キロ前半の速球をコントロール良く投げ分ける好投手。

東出 直也小松大谷 横浜DeNAベイスターズ育成2位
1年生夏から経験を積んでおり、攻守ともに高いレベルのプレーを見せる。

森林 秀匡津幡
トレーニングを通じて成長をしてきた最速142キロ右腕。

前川 誠太敦賀気比 広島東洋カープ育成2位
春夏の甲子園で活躍を見せた遊撃手。スローイングも強く、打撃技術も高く、攻守でバランスが取れた逸材。

前田 銀治三島南 東北楽天ゴールデンイーグルス3位
ツボにはまった時の飛距離、抜群の強肩、俊足はトップクラスで、今年の右打者ではこれ以上ない選手。

水野 琉唯磐田東
144キロの真っすぐに多彩な変化球を持ち合わせる。

畔柳 亨丞中京大中京 北海道日本ハムファイターズ5位
伸びのある150キロ前後の速球は威力抜群。スライダー、チェンジアップの精度は悪くないが、投球スタイル的に、リリーフ向きか。

田村 俊介愛工大名電 広島東洋カープ4位
最速145キロ、高校通算32本塁打と下級生の時から技術的な完成度と肉体的なポテンシャルの高さが備わった選手。

寺嶋 大希愛工大名電
フォームのバランス、回転数の高いストレート、多彩な変化球を投げ分ける投球センスと、欠点が少ない。

川嵜 陽仁 読売ジャイアンツ育成9位
最速146キロの速球を投げ込む右の本格派右腕。

竹山 日向享栄 東京ヤクルトスワローズ5位
151キロ右腕。ストレートの伸びは世代屈指。140キロ後半の速球を投げ込み、わかっていても打てないストレートを投げ込んでいる。カーブの精度も抜群。

菊田 翔友享栄
140キロ台の速球をビシバシと投げ込む。どのステージでも活躍できる投手。

星野 真生豊橋中央 中日ドラゴンズ5位
高校通算25本塁打を記録する強打のショート。

清田 蒼陽大垣日大
中学時代はU-15代表を経験した高校通算26本塁打スラッガー。

阪口 樂岐阜第一 北海道日本ハムファイターズ4位
大谷二世として評判だった大型スラッガーとして、高校通算27本塁打。投げては最速143キロ。

髙木 翔斗県立岐阜商 広島東洋カープ7位
広角に長打が打てて、さらにスローイングタイム1.9秒台の強肩。力量といえば、松川に次ぐ選手。

町 健大白山
185センチ、98キロ。3種類の変化球で圧倒する大型右腕。また高校通算14本塁打の長打力も見逃せない。

池田 翔紀菰野
140キロを超える直球が持ち味。三振が奪える大型左腕。

中村 愛斗菰野

阿字 悠真滋賀学園

岸田 力斗北大津
軽快な守備力が滋賀県でもトップクラスの遊撃手

上坂 真人北大津
上背はないが、威力ある直球と多彩な変化球を投げ分ける右腕。ただパワーヒッターでもあるので、打者として評価する声もありそうだ。

中川 勇斗京都国際 阪神タイガース7位
リードセンスなど野球頭脳の良さ、スローイング能力が高い好捕手。

中 裕史朗東山

奥村 元基京都精華学園

松岡 夢貴龍谷大平安

達 孝太天理北海道日本ハムファイターズ1位
190センチを超える長身でありながら、バランスがよい投球フォームから140キロ後半の速球に加え、130キロ前後の鋭いフォークを操る。

前川 右京智辯学園 阪神タイガース4位
高校通算37本塁打を誇るスラッガー。公式戦で圧倒的な強さを見せ、数々の勝利に貢献してきた。

小園 健太市立和歌山横浜DeNAベイスターズ1位
常時140キロ中盤の速球、カットボール、フォークと多彩な変化球を操り、翻弄する投球は高校生レベルを超えている。

松川 虎生市立和歌山千葉ロッテマリーンズ1位
178センチ98キロと豪快な体格をしている割に、インパクトまでのスイング軌道に無駄がなく、技術的に完成されている。1.8〜1.9秒台のスローイングも持ち味。

渡邉 大和高野山
今年の和歌山を盛り上げた右のスラッガー。恵まれた体格と下半身主導の動きから柔軟な打撃フォームで、鋭い打球を飛ばす。

新家 颯田辺 広島東洋カープ育成1位

雪野 大斗慶風

小林 一真大阪産大附

河内 佑太朗信太

野村 和輝東大阪大柏原
投手として145キロ、そして打者としても本塁打を量産する大型三塁手。

池田 陵真大阪桐蔭 オリックスバファローズ5位
今年の高校生右打者の中では技術的に優れている。ここぞという場面で結果を出せるメンタリティーの強さは一級品だ。

松浦 慶斗大阪桐蔭 北海道日本ハムファイターズ7位
フルスロットルで投げる140キロ後半の速球は超高校級。スライダー、チェンジアップの精度も悪くなく、自身も変化球を投げることにかなりこだわりを持つ。

草場 悠履正社

ダビット バティスタ モレノ大阪偕星学園

ワーネル マニュエル リンコン デ ラ クルーズ大阪偕星学園

南 颯太西野田工科

毛利 隆人飾磨工

米山 航平市立尼崎

加藤 洸稀滝川第二 福岡ソフトバンクホークス育成6位
140キロ前後の速球を投げ込む。制球力が高く、フォームバランスも良い。

山下 陣平御影
140キロを超える本格派右腕。

ブイ ティエン ダット兵庫工

川口 真宙高梁日新

大槇 優斗おかやま山陽
この夏、決勝戦まで導いた147キロ右腕。鋭く腕を振って球威で圧倒する右腕。

井上 海輝倉敷

花田 侑樹広島新庄 読売ジャイアンツ7位
140キロ前半の速球、スライダー、カーブを投げ分ける完成度の高い本格派右腕。

山崎 琢磨石見智翠館 福岡ソフトバンクホークス育成7位
140キロ前半の速球、スライダー、フォーク、カーブを丁寧に投げ分ける好投手。

北野 文也大社

小森 航大郎宇部工 東京ヤクルトスワローズ4位
この夏に急浮上した大型遊撃手。最後の夏でも大当たりを見せた。

上岡 奨周防大島

新居 龍輝坂出商

塩田 佳輝大手前高松
最速146キロ右腕。

西梶 嘉駿藤井

大西 一輝琴平

合田 青空多度津

川口 翔大聖カタリナ

二宮 翔星川之石

田中 怜利 ハモンド帝京第五 福岡ソフトバンクホークス育成5位
145キロ右腕。

森木 大智高知 阪神タイガース1位
最速154キロの速球、切れのあるカーブ、スライダー、フォークを操り、まとめていく姿はやはり世代トップクラス。投球フォームの完成度が高く、常に注目されながら、自己研鑽できたメンタルの強さがある。

代木 大和明徳義塾 読売ジャイアンツ6位
制球力抜群で、140キロ前後の速球とカットボールで技術力が高い大型左腕。

小松 京祐高知中央

山本 大揮九州国際大付
184センチの長身から最速146キロを繰り出す大型本格派右腕。変化球の安定感もあり、試合で勝てる投球もできる。

柳川 大晟九州国際大付 北海道日本ハムファイターズ育成3位20年秋には最速152キロをマーク。191センチの大柄を活かしたリリースポイントの高い角度のある速球が武器。

稲川 竜汰折尾愛真
ダイナミックなフォームで繰り出す速球が武器。手元でグンと伸びるという感覚がピタリと当てはまる。未完の大器。

藤野 恵音戸畑 福岡ソフトバンクホークス育成1位
180センチ以上という大型遊撃手。右打者でも塁間4秒以内という脚力も魅力だ。強肩が光る守備に、パワフルな打撃もある。

井﨑 燦志郎福岡 福岡ソフトバンクホークス育成3位
最速149キロ右腕。県内有数の進学校から「文武両道」の剛腕が誕生。夏の大会では多数の球団スカウトが視察した。

林 直樹西日本短大附
182センチ82キロの恵まれた体格でセンター方向への長打力が武器。遊撃手としても機敏な動きを誇り、将来性は抜群。

太田 透天敬徳
140キロを超える速球と切れのある変化球が武器の180センチ右腕。左打席でもセンスのいい打撃を誇る外野手も兼任。

加藤 晴空東明館 福岡ソフトバンクホークス育成10位
野球センス抜群。夏甲子園では本職の捕手だけでなく、投手としてもマウンドに登板。打順も不動の1番に座りリードオフマンとしても活躍。

西原 豪創成館
内野どこでも守れるユーティリティ―プレーヤー。174センチと大きくはないが、左打者としてのセンスは将来性を感じさせる。

鴨打 瑛二創成館 読売ジャイアンツ育成5位
入学時から注目された大型左腕。195センチの恵まれた体格を活かした角度ある速球と制球させた変化球が武器。素材は一級品。

黒木 優九州文化学園
183センチの本格派右腕。投手になったのは高校からと伸びしろはあり、3年春に最速147キロをマークした。潜在能力は抜群。

柏木 信輝九州文化学園
内野、外野ともに守れるセンスあふれる右投げ左打者。チームでは主将を務め、広角に打てる高い打撃技術が売り物。

木下 蓮音球磨工
捕手だけでなく、内野手も守れる器用さが売り。チームではクリーンアップも任せられ、打線の中心として活躍。

永谷 魁人城北
185センチの長身から最速143キロを誇る本格派右腕。スライダー、スプリットなど多彩な変化球も武器とする実戦型。

田中 天望熊本国府

植田 麗東海大星翔
長打力が魅力の打てる捕手。2年秋の熊本大会では2打席連発、3年春は2試合連発をマーク。50メートル走6秒0の俊足。

北村 辰輝有明
173センチながら捕手としてのセンスは抜群。2年時はDeNA入団の浅田とバッテリーを組んで、経験は豊富。打席でも右の好打者。

江田 海人城北
俊足を武器に、シュアな打撃が売りの右投げ左打ちの外野手。練習試合のデビュー戦ではホームランを放つなど勝負強さある。

京本 眞明豊 読売ジャイアンツ育成7位
センバツ準V右腕。夏は最速が146キロまでアップした。189センチの長身から角度ある速球は魅力で、大型右腕として完成度も高い。

三代 祥貴大分商 福岡ソフトバンクホークス育成12位
強肩俊足好打の将来性豊かなプレーヤー。高校通算26発で内外野守れて、投げては投手として最速144キロをマークする。

西原 太一宮崎商
高校通算23本塁打の外野手スラッガー。強肩、俊足の持ち主でもあり、3年春九州大会でのアーチはスカウトをうならせた。

乗田 元気鹿児島城西
165センチながら安打を放つセンスは非凡。1年秋からショートのレギュラーで活躍し、50メートル5秒台の俊足も武器。

石元 雄太出水中央
真上から投げおろす本格派タイプの右腕。剛速球こそないが、制球力のある変化球も武器。ナックルをあやつる器用さもある。

泰 勝利神村学園 東北楽天ゴールデンイーグルス4位
173センチ78キロとどっしりとした体格から繰り出す球質の重い速球が武器。左腕としては力強さも兼ね備え大化けの予感も。

菅野 聖也鹿児島実

松竹 嬉竜未来沖縄
「二刀流」実現の夢を感じさせる左腕。投げては最速145キロをマークするほど成長し、打者としても長打力が魅力。

垣花 琉陽豊見城
178センチ75キロの恵まれた体格から最速145キロを投げ込む右腕。速球以外にも4種類の変化球も操る技術も魅力だ。

菅原 正悟八重山農林
165センチと小柄ながら、内野手としてのセンスは将来性高い。投手も務めた経験もあり、独立リーグ入団も見据える。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。