今年も10月11日、運命のドラフトを迎える。すでに、全国ではドラフト1位候補の話題で満載だが、各地域でも全国と同等の知名度を持つ選手から、「埋もれた存在」的な好素材もいる。今回は九州の高校生野手にスポットを当てる。


 プロ野球の世界では、史上最年少100号のヤクルト村上 宗隆内野手の活躍が目立っている。東京五輪の一発も含めて、熊本・九州学院出身のスラッガーの飛躍は何より喜ばしい。九州学院時代、村上は捕手だった。今は「4番サード」で有名になっているが、縦縞のユニフォームでは、背番号2。「打てる捕手」として評価を上げていた。村上ほどではないが、今年は捕手の逸材がいる。

 東海大星翔植田 麗捕手の素質に光るものがある。一番の魅力は長打力。2年秋の熊本大会で2打席連発、3年春は2試合連発をマークしている。当然、相手投手からも警戒されながら「連続」ができるのは、本物だという証拠だろう。176センチ、83キロの体格ながら、走っても50メートル走6秒0の俊足もあり「1番捕手」での出場もあった。チーム事情で他のポジションもこなしてきたが運動能力が高いからこその結果。村上のようにプロで「のびのび」と打撃に専念させれば大化けする可能性はある。高校は違うが、村上と同じ熊本の「縦縞」ユニフォームというのも、どこかロマンを感じる。

 九州の高校野手でプロ志望届を提出している選手でも捕手が多い。

東明館 加藤 晴空捕手
球磨工 木下 蓮音捕手
有明 北村 辰輝捕手
東海大星翔 植田 麗捕手
西日本短大附 林 直樹内野手
戸畑 藤野 恵音内野手
創成館 西原 豪内野手
九州文化学園 柏木 信輝内野手
大分商 三代 祥貴内野手
宮崎商 西原 太一内野手
鹿児島城西 乗田 元気内野手
鹿児島実 菅野 聖也内野手
城北 江田 海人外野手

 「九州出身の捕手」。村上大先輩に続けと、今年の秋に笑みを浮かべる選手が出てきてほしい。

(記事=浦田由紀夫)