4月から始まった春季東京都大会だが、例年とは少し形が違う。ブロック予選が新型コロナウイルスによって中止となり、出場校が64チームに絞られた。都内の多くのチームが春を戦うことなく終える形なった。

 ただ、なかには春の大会に出場すれば間違いなく躍進が期待されたチームもいる。その筆頭格が聖パウロ学園だった。

帝京との対戦は驚くも気持ちで引いていなかった


 帝京相手に1対2。東東京屈指の強豪相手に好ゲームを演じることのできるチームは、都内にそう多くない。そんな好成績を残したのが聖パウロ学園だったのだが、この対戦カードは2019年の秋にも実現している。2年連続での対戦となっているのだ。

 「帝京と2年連続対戦する前は、早稲田実業と秋は対戦しているんですよ。だからここ数年は秋から都大会に出場することが出来ていないんです」

 こう語るのはチームを指揮する勝俣監督だ。2009年より聖パウロ学園の監督としてチームを率いる指揮官だが、チームは全国区の強豪の壁の前に秋は都大会の舞台から遠ざかっているのが現状だ。苦しい状況であることには違いないが、この対戦が決まったときの選手たちの雰囲気は「やってやるぜみたいな感じでした」と勝俣監督も頼もしさを感じていた。

 そうした空気感を出していた選手たちは、内心では帝京戦をどのように思っていたのか。
「たしかに決まった瞬間は驚きました。けど、今年の帝京がどんなチームなのか研究するうちに、自分たちとは大きく差はないと感じました。だから『あとはやるだけだ』と思って試合には臨んでいました」(眞野 文太

 「相手が決まったときは1年生時にも対戦していたので、やっぱりビックリはしました。けど、負けるんじゃないかと思うよりも、勝てると思っていました」(深沢 龍士

 今年のチームは旧チームからの経験者が多く、特にバッテリーが安定したこともあり、ある程度の守備の方で目途は立っていた。だが、それだけでは帝京と戦うだけの自信は湧いてこない。ここには何が関係しているのか。その答えは、クリーンナップを任されている岩渕 歩の話から答えが出た。

 「練習試合で昌平さんとか日大鶴ヶ丘さんとやらせてもらって、勝つことが出来たことで、自信を深めることが出来ました」

 元々経験者が残っているだけではなく、度胸のある選手が多いという世代で、「試合を通じて自信を深めることが出来ていました」と勝俣監督も成長を評価している。だからこそ、夏まではその自信を揺るがないものに出来るかどうかは現在の課題だという。