秋は県大会ベスト4、そして今春の県大会でもベスト4に進出するなど、県内で上位の結果を残し続けている倉敷工。甲子園にも春夏合わせて19回の出場、通算25勝は県内トップの成績だ。

 さらに、昨秋のドラフト会議では中日に福島 章太を輩出しており、県内でも指折りの伝統校としての一面だけではなく、実力校として夏の大会も躍進が期待される。そんな今年の倉敷工は、現在までにどういった歩みを続けてきたのだろうか。

キーワードは「ベルトから下を動かせ」


 「去年は福島をはじめ、個の能力が高い選手がそろっておりましたが、今年は違います。そういった選手は少ないので、選手たちには『下から向かっていくぞ。攻撃も守備も組織で戦うぞ』と、チャレンジャー精神を1つの合言葉にして、秋の大会に向かっていきました」

 現在、チームの指揮を執る髙田監督は、今年のチームの発足時を旧チームと比較しながら振り返った。実際に選手たちに話を聞いても「3年生は個の能力を発揮していましたが、自分たちは組織で力を発揮できるところが強みだった」と多々野 成龍は語る。また主将の城内 葵偉も「同級生はもちろんですが、学年で垣根なくコミュニケーションが取れる繋がり、連携の部分はしっかりしている」と自分たちの強みを語っており、チーム力の高さは選手も指導者も納得の武器だった。

 繋がりの強さに関しては髙田監督も「(選手間の)繋がりがしっかりしているのでチーム作りの上では助かりました」と選手同士の仲の良さはチームを仕上げるうえでプラスに働いた。その上で、倉敷工が確立した戦い方は、守備と走力をウリとした野球だった。

 「先輩たちは打力が凄かったので、そちらを中心にしていましたが、守備で負けた部分がったので、反省の意味を込めて自分たちは守備力を鍛えていきました」(城内主将)

 夏休みはひたすらノックと、新型コロナウイルスの影響で不足した試合感覚を補うべく、実戦形式を中心に練習を重ねた。加えて「チームの仕上がりが早くなりそうだ」と髙田監督が判断して、ポジション別でショートバウンドの捕球など細かなプレーを徹底的に磨き上げた。

 この時に、髙田監督が選手たちに向けて発したメッセージが1つだけあった。それが、「ベルトから下を動かせ」という言葉だった。城内主将いわく、「上手い選手ほど、下半身がしっかり使えている」ということから髙田監督から指導を受けたとのことだが、髙田監督本人も、「守備は足運びでやるものだと考えています」と話しており、フットワークの重要性を説いてきた。

 そんな倉敷工は、ゴロを捕球する際、投げる時の軸足となる足の前で捕ることを推奨している。これは3月までチームを指導していた辻田コーチの教えのもので、軸足の前で捕球することで、身体が先に行ってしまい、ボールとの距離が開かないようにしている。