4月23日から開幕する春季埼玉県大会。そんな埼玉県大会の見所を紹介したい。

 昨秋優勝の昌平狭山清陵と対戦。高校通算40本塁打を超えるスラッガー・吉野 創士を筆頭に打力が高い選手を揃え、守備力も高い。この1,2年で選手の水準は県内トップレベルとなった。そして昨秋ベスト8の山村学園大宮北春日部の勝者と対戦。山村学園は経験豊富の実戦派右腕・小泉 裕貴、強力打線の4番・秋本 光誠など能力が高い選手を揃える。戦力的には今年の上位で、秋と比べてどこまで投打のレベルが上積みされているか注目だ。

 同ブロックでは投打に実力が高い選手を揃える浦和実は130キロ中盤の速球と多彩な変化球を投げ込む栗山 凛平、主砲・佐藤 晴と投打の柱がいる。初戦の相手は経験豊富な投手・星名 恒擁する熊谷商だ。

 昨秋、浦和学院を破ってベスト8進出した川越東は好左腕・伊藤 匠海(2年)、強肩捕手・矢矧 慶多など好選手揃い。初戦では早大本庄と対戦する。

 同ブロックでは強打者・波多野 幹太擁する山村国際と対戦。波多野は和光シニア時代から騒がれたスラッガーで、強肩も魅力な捕手だ。

 県大会まで勝ち進んだ埼玉栄は140キロ近い速球と長打力もある塚本 壮施や能力の高い打者を揃えており、躍進に期待がかかる。

 昨秋ベスト4の大宮東とは伝統校・川越工と対決と、いきなりの好ゲーム。そして宮城 誇南や140キロ台の速球と打撃センス抜群の三奈木亜星と選手はタレント揃いだが、地区予選では打線の状態が本調子ではなかった。浦和学院らしい戦いができるか。そして浦和学院と初戦で対戦するのは、昨夏独自大会優勝の狭山ヶ丘。昨秋は地区予選初戦敗退に終わり、徹底的に鍛え上げ、さらに新入生も入り、メンバーも入れ替え、競争を行ってきた。この冬の真価が問われる試合となりそうだ。

 さらには打力が高い市立川越と守備に力を入れる正智深谷との対決も注目だ。