春夏連覇を狙う東海大相模は課題を克服できるか?



石田 隼都(東海相模)

 センバツ優勝の東海大相模。春夏連覇が唯一狙えるチームだからこそ、あえてハードルを上げて、東海大相模を紹介したい。大エース・石田 隼都はほぼ登板せずに終わり、多くの投手が登板した。関東大会を終えた時点だと序盤まではしのげるが、全国制覇を意識すると、やはり石田を頼らざるを得ない力量だ。石田以外では伸びのある快速球を投げ込む石川 永稀、左腕から角度のある直球を投げる武井 京太郎は計算が立つ。ただそれ以外の投手陣は悪くはないが、対応力が高い打線相手には苦しさを感じた。夏にかけて驚くような直球、変化球で打ち取る事ができる投手が1人でも現れることを期待したい。

 打線は、巧打の遊撃手・小島 大河、今年の東海大相模では最も対応力が高い門馬 功、全国トップレベルの遊撃手・大塚 瑠晏、強肩強打の三塁手・柴田 疾を中心とした打線は機動力、長打力も兼ね備えた強力打線だ。ただ、逸材揃いの東海大相模でも、ライトとセンターは不動の存在と呼べる選手がいないようだ。

 つまりライトとセンターにしっかりと固定できる選手がいれば、ほぼ完璧な打線になる。

 同ブロックでは藤嶺藤沢、第3シードの横浜隼人が絡むだろう。横浜隼人は2年生ながら攻守ともに高い技量を誇る好捕手・前嶋 藍に注目。投手陣では安定した投球を見せる椎名 康成、辻永 虎王の2人の好投手を擁し、ディフェンス力の高いチームだ。

 シードの相洋は昨秋から大きく伸びた本格派右腕・谷 祥太、好遊撃手・二宮 巧磨を中心にまとまりのある好チーム。勢いに乗った時の攻撃力は脅威だ。昨秋から花咲徳栄など強豪校との練習試合で経験を積みながら着々、実力をつけてきた。

 同ブロックでは、城山相模原の公立の実力校同士の対決もあり、さらには法政二vs藤沢翔陵の私立の実力校も初戦で実現。序盤からつぶしあいが多いブロックだ。打線が活発な湘南学院秦野麻生と対戦する。

 次回はトーナメントの右側ブロックの展望を紹介したい。

(文=河嶋 宗一