激戦区の神奈川展望。後編では桐光学園を中心とした実力校に迫っていきたい。

前編はこちらから!
神奈川の横綱・東海大相模と横浜の課題は?第103回神奈川大会を徹底展望

 今春準優勝で関東大会4強の桐光学園の初戦は元石川横浜南陵の勝者と対戦。今年の神奈川では東海大相模に並ぶバランスが取れたチームだろう。最速148キロ右腕・中嶋 太一は先発・リリーフのどちらも兼任。速球の威力は今年の高校生でもトップクラスだ。ただ調子の波があり、安定感では2年生右腕の針谷 隼和が上であり、将来性の高さを高く評価する声が多い。ゲームメイク能力が長けた技巧派左腕・澁澤 康羽も控える。

 打線では強打の核弾頭・寺井 雄人、バットコントロールが長け、守備力も高いショートストップ・内囿 光人、強肩捕手・石井 嘉朗、守備範囲が広く、神奈川県大会では打率5割超えの好打者・松江 一輝と野手の顔ぶれが揃っている。試合運びが堅実で、県大会では横浜を圧倒。夏までに投打の総合力を高めていきたい。

 同ブロックには、強豪・武相。そして注目なのは、慶應義塾vs桐蔭学園。両校は昨秋の3回戦でも激突しており、6対1で桐蔭学園に勝利している。互いにノーシードだが、桐蔭学園が直接対決を制しているように戦力面では分がある。強打の二塁手・木本 圭一、遊撃手・松下 歩叶の二遊間は必見で、さらに静岡裾野シニア時代から注目された速球派右腕・山口 凱矢の成長にも期待がかかる。

 一方、慶應義塾は前田 智徳氏の息子である前田 晃宏はテクニックが長けた技巧派右腕で、中学時代から速球派左腕として騒がれた荒井 駿也など潜在能力が高い選手は多い。最後の夏で、さすが慶応というべきパフォーマンスを発揮してほしい。