コロナ禍により、沖縄県は緊急事態宣言が出された。それにより昨年同様部活動も禁止となる。県は6月の20日をメドにし、それ以降は様子を見る考えだ。当初23日から開幕を見込んでいた沖縄県高等学校野球連盟は、開幕日を7月3日へと延期。他の都道府県と違い、夏の大会では一貫して土日開催を続けてきた沖縄県だが今年は平日開催もやむなしとなる。

 昨年の夏はシード4校のうち、日本ウェルネス沖縄だけがベスト4。他のシード校に加え、興南沖縄尚学も早々に姿を消した。練習不足という壁や練習試合にも乏しい中では、いかに強豪校と言えども蓋を開けてみないと分からないのが監督さんたちの本音だろう。それを踏まえながら、今夏の展望を見ていこうと思う。今回は、後編をお届けする。

Cブロックの展望


 春優勝の興南がシード。エース山城 京平は、ベスト4に入った九州大会でも二桁奪三振をマークするなど、「興南に京平あり」を見せつけた。具志川商新川 俊介が現在の右の頂点なら、山城 京平は左の頂点に立つ存在。そこに春の県大会で成長を見せた右腕大山北斗がチームにとっても心強い。

 打線は二年生ながら1番を務める禰覇盛太郎に注目。相手を切り崩すのが上手いからこそ、野田愛眞や宮城琉人、盛島 稜大ら中軸がキーマンとなる。大山盛龍、生盛 亜勇太とベンチ入り四人が「盛」の名を持つ興南。その「盛運」で、県大会の春夏連覇を、三年ぶりの甲子園を目指す。

 対抗馬は日本ウェルネス沖縄と沖縄水産の強豪ニ校。互いに勝ち進めば三回戦で顔を合わし、勝者が興南との一戦に挑む可能性が高い。その他、好投手擁する豊見城とコザ、昨年優勝の八重山も侮れない。面白い存在なのは中部農林。仲里監督の下、自信をつけ始めた近年の成績は良好なだけに、剛腕垣花琉陽の豊見城と言えども油断は出来ない。