今春の県大会では、伝統的な“私学4強”と言われている名古屋市内の中京大中京東邦愛工大名電享栄の4校がすべてベスト8に残りシード校となり分散した。それらを追う存在としてはシード校として星城栄徳などもあげられる。そこに、ノーシードの中で至学館愛知産大三河、日本福祉大附に好投手のいる公立の刈谷国府蒲郡などがどこのゾーンに入ってくるのかということが注目された。

 有力校が春季県大会で結果を残してシード校となったということもあって、ベスト8までの組み合わせとしては、有力校が上手く分散したという印象だ。A~Hブロックをシード校メインで順番に展望していこう。

最注目は愛工大名電のFブロック、中京大中京のEブロック


 Aブロックの星城は初戦が愛知啓成東海の勝者となる。星城はクレバーな好捕手森瀬敬太主将が藤澤 侑也君、川村 珠右君、石田 将生君らの投手陣をリードしていく。春季大会の中京大中京戦で大活躍した溝﨑 悠貴君の打撃も注目だ。初戦を突破すれば、5回戦では愛知産大三河もしくは足立 進悟投手が安定している国府あたりを待ち受けることになりそうだ。愛知啓成愛知産大三河は春季県大会はベスト16まで進出している力がある。

 栄徳のBブロックには昨年の夏季大会で準優勝を果たしている愛知産大工、毎年夏までにはチーム力を上げてくる伝統校の大府、このところ躍進している岡崎学園などがいる。大府では竹内 裕人君の投打に期待がかかるが、ことに破壊力のある打撃は注目される。名経大高蔵名経大市邨の同系列の両校もこのブロックだ。栄徳は、昨秋は柱不在で苦しんだが、春季大会で山下 稜太郎君が成長して、髙木 快大君との2本柱となっていったことが大きい。図抜けた選手がいるワケではないが、中野 幸治監督の下、毎年、夏へ向けてきっちりと整備してくることでも定評がある。

 公立校でこの夏、唯一のシード校となった東浦はCブロックで、しっかりとした野球をする西春豊田の勝者が初戦となる。昨秋のどん底状態から一冬で大きく成長した勢いで目標であるベスト8まで駆け上がれるか注目したい。カギを握るのは大きく成長した左腕大沼 毅羅君と神谷 知宏君の両投手だ。リードオフマンの仲川 将吾君のセンスの良さも光る。立ちはだかりそうな相手としては刈谷工科津島、元気のいい高蔵寺三好豊橋東の勝者に大同大大同科技高豊田の勝者あたりだろうか。伝統の愛知商津島北もいる。とはいえ、いずれも決め手がないので、東浦としては大いにチャンスはある。

 Dブロックの東邦は4回戦で当たりそうな豊橋中央が最初のヤマか。東邦鈴木 唯斗君と上田 玖久君を中心とした打撃力は県内でもトップレベル。長身の知崎 滉平君を中心とした投手陣も質が高いが、内野もこなす三浦 心空君がどのような形で起用されていくのかというところもポイントとなりそうだ。豊橋中央は辻 康平君らの投手陣がその強力打線をどこまで抑え込めるかであろう。5回戦では愛知黎明清林館の尾張勢と当る可能性が高そうだ。西尾の試合ぶりも注目したい。

 今春の選抜ベスト4で、今大会でも優勝候補筆頭に推す声もある中京大中京はEブロックで4回戦ではイケイケ野球でノリのいい名古屋市工の挑戦を受けそうだ。それを突破すれば評判の好投手遠藤 泰介君を擁する刈谷と地力のある豊川、昨秋ベスト4の春日丘あたりとベスト8を競うことになりそうだ。いずれにしても中京大中京としては、ベスト8までにエース畔柳 亨丞君をどこまで休ませながら戦えるかというところがその先を見据えた場合の最大のポイントとなる。そのためには左腕の柴田 青君と大矢 流晟君、大江 嶺君らがどこまで畔柳投手の負担を軽くさせられるかというところである。また、細江 泰斗君、杉浦 泰文君から始まる全国レベルの打線は桑垣 秀野君、原 尚輝君ら中軸がどこまで破壊力を示していくかというところも見どころだ。

 最も激戦かなと思われるのが春季県大会を制した愛工大名電のFブロックだ。愛工大名電は左腕田村 俊介君と寺嶋 大希君、野嵜 健太君らの投手陣が注目される。主将でもある田村君は打っても3番で投げない時は一塁か外野を守るが、その打撃も魅力だ。このブロックには一昨夏の代表校の誉や、昨年の夏季大会で愛工大名電に劇的な逆転サヨナラ3ランで勝利した至学館豊田大谷もいる。至学館は今年も「何を仕掛けてくるかわからない」トリッキーさは備えている。加えて、球速はさほどないものの石川 大翔君も春先には健大高崎打線から15三振を奪うなどの投球術を持っている。その至学館の初戦中部大一との試合は序盤の好カードと言っていいであろう。