甲子園で活躍した実戦型選手を続々選出

 

代木 大和(明徳義塾)、ヴァデルナ フェルガス(日本航空)、當山 渚(沖縄尚学)、 秋山 正雲(二松学舎大附)、西村 王雅(智辯学園)、木村 大成(北海)

 実戦型の特徴は6人の左腕がいることだ。今年の甲子園を見ていて、実戦型の左腕が多かったと感じた方も多いと思う。

 まず、切れのある直球、スクリュー、スライダーで翻弄する當山は初戦で完封。さらに、2回戦の盛岡大附戦でも好投を見せた。高卒プロタイプではないものの、勝てる投球ができて、いかにも選考スタッフが好みそうなタイプとして選んでみた。

 ヴァデルナも、勝てる投手の要素が備わった投手だ。まずマウンド度胸があり、多くの指導者から絶賛された観察力の高さから生まれる駆け引きが優れた投球。130キロ台中盤ながら、腕の振りがわかりにくく、スライダー、カットボール、チェンジアップを駆使した投球が持ち味だ。

 130キロ台の直球、スライダー、チェンジアップ、カーブで翻弄する技巧派左腕・西村も高校生トップレベルの投球ができる技巧派投手だ。その投げ分けが実に上手く、通用しそうだ。

 そしてプロ注目の代木は130キロ後半の速球、切れのスライダー、カットボールを投げ分け打たせて取る投球を見せる。また、打撃力も非常に高く、甲子園で2本塁打を放った。また、一塁守備も上手く、馬淵監督は過去の取材で一塁手をかなり重要視している指揮官なので、一塁を任せるにも十分頷ける選手だ。

 捕手は中川、松川、高木を選んだが、実戦型の選考で選んだ中川に注目したい。中川は甲子園で2本塁打を放った強打の捕手で、多くのストライクを生み出す高度なキャッチング、スローイング技術も高く、声かけや、京都国際投手陣との阿吽の呼吸が取れたコンビネーションは素晴らしかった。

 なんといっても、勝ち進むごとに強打者を封じるリードにうなされた方も多いだろう。好投手が多く、様々な引き出しを持った投手相手に中川がどんなリードをするのか、見てみたかった。今年の京都国際は2年生の主力が多いが、「今年は中川のチーム」と聞くように、中川なしでは、ベスト4はなかった。

 内野手で、まず注目したいのは浦和学院の吉田だ。セカンド、ショート、投手をこなせるユーティリティプレーヤーでさらに走塁も上手いのも特徴。またベスト4入りの智辯学園のショートストップ・岡島も、ダッシュ力と軽快なグラブ裁きで次々とアウトを決めている。

 

 さらに明徳義塾の米崎は、馬淵監督が歴代の明徳義塾の遊撃手の中でも、ナンバーワンの強肩を誇ると語るように、深い位置から踏ん張ってダイレクトスローができて、さらに次々と好プレーを見せる。米崎のもとに打たせれば安心と思わせるほどのプレーヤーだ。

 智辯学園の山下は分厚い下半身を生かした強打と高い打撃技術が売りの大型三塁手。なんといっても選球眼が高く、相手バッテリーが自信を持って投げたコンビネーションでも、堂々と見逃して四球にしたり、最も対戦したくないスラッガーではないだろうか。

 岡島はダッシュ力の高さを活かし、素早い動きを見せて、次々とアウトを決める今大会屈指のショートストップ。バットコントロールもよく、走塁も軽快。三拍子揃った遊撃手として選出した。

(記事:河嶋 宗一