甲子園の夏は終わったばかりだが、9月4日からは、266校・242チームが本大会出場の64の枠をかけて、1次予選が行われる。今後の状況によるものの、本大会は有観客で行われる予定だが、1次予選は無観客で行われる。

 それだけに、力のあるチームが分散して、より多く本大会に出場することが望ましいが、強豪が集まる激戦区もあり、力はあっても、チームによっては本大会への道は険しいものになっている。


夏4強の世田谷学園、8強の都立小山台に岩倉が同じブロックに

 

齋藤 誠賢(國學院久我山)

 この秋も昨年に続き、夏の東西東京大会でベスト8以上のチームはシードされる。ただしそれは本大会からで、1次予選では考慮されない。そのため第9ブロックCには、夏の西東京大会ベスト4の世田谷学園と東東京大会ベスト8の都立小山台が入った。しかも都立小山台の初戦の相手はセンバツ優勝経験もある岩倉で、初戦屈指の好カードになった。

 夏は修徳相手に3回を無失点に抑えるなど実績を残している都立小山台の松川 侑聖を、夏は4番を打つこともある吉澤 大翔らの岩倉打線がどう攻略するかが見どころだ。世田谷学園は4番の奥山 廉汰郎らが残った。最激戦区を勝ち抜き本大会に出るのはどこか、予想は不可能だ。

 第9ブロックAでは、夏の西東京大会準優勝の國學院久我山が、都立の強豪・日野の挑戦を受ける。國學院久我山は、上田 太陽下川邊 隼人の二遊間コンビに、中堅手の齋藤 誠賢が攻守の中心。日野には夏は4番の廣岡 太平らが残った。

 甲子園出場のため新チーム結成が遅れた二松学舎大附は、強豪集まる第9ブロックに入ったが、二松学舎大附が入ったBには、AやCのような強豪はいない。

都立城東・日大豊山など初戦から好カード

 

狩野 光晴(日大豊山)

 第16ブロックAでは、夏は4回戦で対戦した日大豊山都立城東が、再度初戦で当たる。投手陣の柱であった3年生は抜けたが、日大豊山狩野 光晴城東は高垣 学という力のある捕手は残った。彼らが、経験の浅い投手陣をどうリードするかが鍵となる。この試合の勝者は実践学園大成の勝者と対戦する。このブロックも激戦区だ。

 第16ブロックBは、関東一が頭一つリードしているが、他にも日本ウエルネスや都立の強豪の都立富士森都立高島もいる。3校とも他のブロックであれば、十分本大会に出場できる力があるだけに、ある面、もったいないブロックだ。

 初戦のカードとしては、第13ブロックAの城西大城西日体大荏原、第11ブロックCの東亜学園都立足立新田なども注目される。城西大城西日体大荏原は、1979年の東東京大会決勝のカードでもあり、伝統校対決だ。ともにメンバーは大幅に入れ替わるものの、夏8強の東亜学園に、ベテラン・有馬 信夫監督に鍛えられた都立足立新田がどう対抗かも興味深い。

 第6ブロックAでは、東東京大会で準々決勝に進出し注目されたと、西東京大会シード校の日本学園が対戦する。