20日から明治神宮大会が開催される。昨年はコロナ禍の影響で開催されなかったので2年ぶりの実施。高校の部では、全国10地区の優勝チームが参加する。夏が終わり、新たなチームとして出発して最初の全国大会となり、来年春のセンバツを占う意味でも、注目される。

 各地区大会を勝ち抜いた10校のデータの打撃部門をランキングにしてみた。各地区によって実力の差があり、試合数も違うことから、単純に順位付けをすることがすべてを反映しているわけではないだろうが、大きな特徴は見て取れる。

<チーム打率ランキング>
1位 敦賀気比   .403
2位 九州国際大付 .391
3位 國學院久我山 .368
4位 明秀学園日立   .351
5位 大阪桐蔭   .350
6位 日大三島   .313
7位 高知     .312
8位 クラーク記念国際 .310
9位 花巻東    .289
10位 広陵     .268

 打率では敦賀気比九州国際大付がトップクラスとなった。敦賀気比星稜との決勝以外、3試合すべて2ケタ安打をマーク。九州国際大付は4試合すべてで2ケタ安打を放った。

<1試合平均得点>
1位 九州国際大付 10.8
2位 敦賀気比 8.5
3位 明秀学園日立 8.3
3位 國學院久我山 8.3
5位 大阪桐蔭 7.8
6位 日大三島 7.0
7位 花巻東  6.8
8位 高知   6.0
9位 広陵   5.8
10位 クラーク記念国際 4.6

 当然だろうが、得点力も上位には同じような顔ぶれとなった。

 本塁打については、試合数の違いがあるので一概ではないが、6本(4試合)の九州国際大付がトップで、次いで明秀学園日立が4本(3試合)、大阪桐蔭の3本(4試合)と続いている。本塁打0のチームはない。

 長打力を表す塁打数のランキングも作ってみた。

<1試合平均塁打数>
1位 明秀学園日立 20.7
2位 九州国際大付 19.8
3位 敦賀気比 18.3
4位 大阪桐蔭 15.5
5位 國學院久我山 14.3
6位 高知    13.8
7位 日大三島  13.7
8位 クラーク記念国際 13.6
9位 広陵    12.8
10位 花巻東   12.0

 渋い数字もランキング(上位)にしてみた。

<1試合平均犠打数>
1位 クラーク記念国際 3.6
2位 國學院久我山 3.5
3位 明秀学園日立 2.3
3位 日大三島 2.3

 

<1試合平均盗塁>
1位 國學院久我山 2.5
2位 敦賀気比 1.8
3位 日大三島 1.3

 國學院久我山は犠打、機動力も使って勝ち進んできた。

 打撃力では明秀学園日立九州国際大付敦賀気比大阪桐蔭國學院久我山の力が拮抗しているようだ。

 高校通算47本塁打の花巻東・佐々木 麟太郎(1年)をはじめ、全国の強打者が神宮に集結する。全国の投手相手にどんな打球を飛ばすのか。今から楽しみだ。