粟飯原 龍之介と宮下愛斗

【千葉】
東京学館
銚子商
市立柏
千葉英和
千葉明徳
東海大浦安

 千葉県では昨秋準優勝の東京学館が初戦敗退となったが、プロ注目の大型遊撃手・粟飯原 龍之介を中心に総合力が高いチーム。また投打に能力が高い選手を揃える市立柏、昨秋ベスト4の千葉英和、昨秋ベスト8の千葉明徳も打者にタレントが揃い、課題となる投手力を強化できれば夏も戦えるチームだろう。

 投手力が高い銚子商東海大浦安も瀬戸康彦監督就任から着実にチーム力をつけ、競争も激しくなっている。東海大浦安は伝統的に夏に強いチームであり、やはり怖いチームの1つだろう。

【埼玉】
川越東
聖望学園
狭山ヶ丘
市立川越
山村学園

 埼玉は東西南北の4地区に分かれて地区予選が行われ、特に西部地区は実力校がひしめくことで有名だが、いずれもノーシードに。ただ、他のシード校からすれば、脅威ではないだろう。

 昨秋、浦和学院を破った川越東。昨夏独自大会優勝も昨秋の地区予選で敗退した狭山ヶ丘も今年の県大会で浦和学院と0対4。昨秋のスタート時からすれば、大きな前進だ。

 他にも、市立川越聖望学園山村学園も夏までにしっかりと戦力を立て直すことに定評があり、やはり怖いチームであることは間違いない。

 他では、前橋育英桐生第一の群馬を代表する2校がコールド負けしたのもインパクトがあった。とはいえこの2校は選手の力量は高く、しっかりと立て直していけば、やはり夏は怖いチーム。シード校のどのブロックに入るのかに注目が集まるのではないだろうか。

(記事:河嶋 宗一