21年ぶり3度目の甲子園優勝を果たした智辯和歌山。元プロの中谷仁監督の就任により、練習内容の中身を改革した。猛練習というより、ボール回しなどの基礎基本を徹底とした練習、自主練習を多くして、選手の個々の能力を伸ばす手法を取った。そして全体練習となれば、全国のライバルを意識し、ワンプレーを突き詰め、実戦力を高め、うまくなる予感しかない練習が行われていた。そんな智辯和歌山は、22年度も強力なチームということはお伝えしておきたい。

 まず正捕手・渡部 海の成長が著しい。U-15代表を経験した好捕手は1年生から経験。捕手出身の中谷監督に捕手としてのイロハを叩き込まれ、幾多の試合を経験し、技術面、精神面で大きく成長した。

 打者の裏を欠くリード。スローイングタイム1.8秒台を叩き出す強肩で、次々と盗塁を試みる走者を刺し、渡部の良さが生きたのは準決勝の近江戦だっただろう。5回裏、一死一塁で近江の2番・西山 嵐大の犠打を素早く処理して二塁へ送球し、併殺を完成させたプレー。
 試合が膠着し、後半戦を仕掛けたい近江の反撃の芽を摘む見事な送球だった。

 6回表、智辯和歌山は2点を追加し、完勝につなげた。決勝戦では特大の本塁打。大会では打率.400で終えることができた。一瞬の気の緩みがあれば、一気に流れを持っていかれる甲子園の舞台をマスクをかぶって経験できたことはかなり大きい。現在、和歌山は新人戦が行われている。すぐ秋の公式戦を迎える智辯和歌山にとってタイトなスケジュールになるが、渡部の成長を考えると、公式戦100試合分の経験をこの甲子園で手に入れることができた。

 19年に捕手・東妻 純平がプロ入りしているが、高校時代の東妻と比べても攻守でスケール感があるので、十二分に高卒プロ入りも狙える選手ではないだろうか。

 また、左のスラッガー・岡西 佑弥も恵まれた体格を活かし、鋭い打球を次々と飛ばす。まだ本領を発揮していないが、対応力が大きく高まると、かなり怖い存在になりそうだ。