500球の球数制限が導入されたことで、ほぼ1人で投げ抜くチームは激減したといっていい。よく複数投手制が大事ときくが、具体的に「全国大会では勝つには何人必要なのか」をあまり議論されたことがない。今回は過去の優勝チーム、決勝進出のチームから見て検証を行った。

 すると、タイトルにもあるように、最低でも「3人」は必要という結論にいきついた。

智辯和歌山

 5投手登板
 2回以上登板 4投手

 智辯和歌山はぐうの音が出ないほどの完璧な投手運用だった。
 24日が初戦となったが、エース・中西 聖輝が145球、そして伊藤 大稀が記録上、「1球セーブ」を達成。投手運用という観点で大きかったのは準々決勝の石見智翠館戦。2年生右腕の塩路 柊季が6回、80球、無失点の快投。3年生左腕・高橋 令、148キロ右腕・武元 一輝が甲子園のマウンドを経験し、いわゆる主力格の中西、伊藤の温存に成功し、中西を中3日、伊藤を中4日で迎えることができた。

 140キロ後半の速球を連発していた中西、140キロ台の速球を投げ込んでいた伊藤も甲子園では本調子ではなかったように見えたが、それでも、こうした運用があったからこそ、試合を作ることができ、故障せず終えることができたといえる。

 智辯和歌山は高嶋監督時代から複数投手制を敷いていたが、それでも、よくここまでの投手を1年間かけて準備できたといえる。

 智辯和歌山は少数精鋭の部活動だが、こうやって多くの投手を伸ばして、さらにも登板をさせて結果を残す。もともとレベルが高い選手が入る名門校だが、こうしたチームマネジメントが認知されて、数年後、どんな投手が入るか興味深い。