10月11日に予定されている今年のドラフト会議に、少しワクワクしている。「少し」というのは、そのころ取材していた、あの選手が登場してくるかもしれないからだ。大学で活躍する今年のドラフト候補生は、4年前は高校3年生だった。2017年シーズン、甲子園で輝いていた高校球児だった。あれから4年の時を経て、彼らはどう成長してきたのか。ドラフトで待ち構えるドラマに、「少し」ワクワクしている。

 2017年に高校3年生だった彼らは1999年度生まれ。そう、ピンと来た人もいると思うが「清宮世代」なのだ。高校通算111本をひっさげ日本ハムにドラフト1位入団。今は苦しんでいるが、早稲田実1年夏に甲子園にやってきたときは、日本中がフィーバーした。高校野球100年のメモリアルイヤーに誕生したスターだった。その清宮と「同級生」の選手。当然、高卒でプロ入りした選手もいるが、大学でじっくり鍛えてプロ入りを目指す選手は多い。

 そのころ、九州で取材をしていた私には、直接取材して心に残った選手は多い。当時のスコアブックをめくってみた。名前が載っていた主な選手は以下の通り。

法政大・三浦 銀二投手(福岡大大濠) 
立教大・川端 健斗投手(秀岳館
関西国際大・安田 大将投手(東海大福岡
九産大・佐田 健介投手(東海大福岡
中央大・古賀 悠斗捕手(福岡大大濠
中部学院大・廣部 就平内野手(秀岳館
福岡大・井上 絢登外野手(久留米商

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。