目次

[1]試行錯誤の末に優勝に貢献
[2]「チャンスで一本出る」打者目指して

 2018年に甲子園で春夏連覇を果たした大阪桐蔭。この代からは根尾 昂内野手(中日)、藤原 恭大外野手(ロッテ)、横川 凱投手(巨人)、柿木 蓮投手(日本ハム)の4人がプロ入りを果たし、大学でも中川 卓也内野手(早稲田大)、山田 健太内野手(立教大)、青地 斗舞外野手(同志社大)の3人が新チームの主将に選ばれた。

 大阪桐蔭の卒業生はレギュラーだけでなく、高校では控えだった選手が大学で活躍する例も目立つ。2018年の春夏連覇時に控え内野手としてベンチ入りしていた俵藤 夏冴内野手(天理大3年)もその一人。卒業後は天理大に進み、今秋のリーグ戦では規定打席不足ながら.412の高打率をマークしている。来年は主力選手として活躍が期待される俵藤に天理大入学からを振り返ってもらった。


前編はこちらから!
大阪桐蔭黄金期の控えだった俵藤、それでも後悔なし【前編】

試行錯誤の末に優勝に貢献


 夏の甲子園を終えた後、俵藤に誘いをかけたのが内野手を探していた天理大だ。阪神大学リーグを代表する強豪校で、近年では石原 貴規捕手、森浦 大輔投手(ともに広島)といった選手を輩出している。

 俵藤は大学に入学するにあたって、「木製バットになるとパワーもいるので」と体重を10キロ近く増やした。現在は身長183センチ、体重88キロと高校時代よりも明らかに体つきが変わっている。

 天理大では1年春からベンチ入りを果たし、パワーアップした姿を見せる予定だったが、「1年、2年の時は自分の技術力のなさを感じさせられる年になった」と3年春まではリーグ戦で安打を放つことができなかった。そうした中で、コーチと試行錯誤を重ねながら打撃の改良に努めた。主に変えたのはトップの深さだという。

「自分はトップを深くとってしまう癖があったので、ちょっと浅くして、長くボールを見るというのを意識するようになりました」

 練習の成果が出たのが、今秋のリーグ戦。規定打席には届かなかったが、17打数7安打で打率.412の活躍を見せ、チームのリーグ優勝に大きく貢献した。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。