まるで関東大会。常総学院vs浦和学院の一戦は9回裏まで白熱の展開に!



三奈木亜星(浦和学院)

 常総学院vs浦和学院。まさに関東大会のような黄金カードが実現した。

 両チームとも秋のエースが登板。浦和学院は1年左腕の宮城 誇南常総学院は145キロ右腕・秋本 璃空が登板。

 宮城は秋の大会と比べるとそれほどのボールの勢いはよくないが、130キロ前後のストレート、スライダー、カーブをテンポよく投げ分ける投球。試合は3回表、常総学院が誇る大型遊撃手・三輪 拓未。左前適時打で1点を先制する。

 秋本は威力で勝負する投手というイメージがあったが、やはり秋の大会で結果を残してきた先発投手だけに、実戦的な右腕だ。常時135キロ~140キロの直球は威力があり、120キロ中盤のスライダー、チェンジアップ、カーブを適度に投げ分ける。直球は低めに決まり、変化球も丁寧にコントロールできる。

 5回まで常総学院が1対0とリード。引き締まった投手戦となっていた。

 試合が大きく動いたのは6回裏。無死一塁から3番三奈木亜星が痛烈な中前安打を放ち、4番吉田 瑞樹がファールで粘りながら、左中間を破る適時二塁打で逆転に成功。その後、内野ゴロ、8番高松 陸の適時二塁打や、9番に入ったパワーヒッター・河原 杜吾の中前適時打が飛び出し、一挙5得点を奪った。

 島田監督は「簡単にストライクコースだけで攻めにいっている」と指摘。振り返れば、置きに行く直球、変化球が多かった。ストレート、変化球の精度の高さの割に強打のチームに打たれるのは攻めが単調なところにあるだろう。

 三奈木は投げても好投。体を縦回転に使う意識があり、真上からしっかりと下せる投球フォーム。常時135キロ~138キロの直球は勢いがあり、120キロ前後のスライダーの切れ味も悪くない。秋では故障で投げられなかったが、秋季大会後の練習試合では秋の神奈川4強・桐蔭学園相手に完封勝利を挙げるなど、その時も最速は141キロ。そのほかでも140キロを出す試合もあった。

 改めて常総学院との練習試合2試合を見て、三奈木の角がない洗練された投球フォームは浦和学院の投手陣の中で別格。プロ入り後、急激にスピードアップした榊原 翼(オリックス)のような成長をするかもしれない。それがどの時点で訪れるか分からないが、投げ方がいい投手は一気に伸びる可能性があるだけに注目してみたい投手だ。

 投球以上に良かったのは打撃。秋本から右翼線へ二塁打、中前安打。146キロ右腕の大川からもタイミングを外しにいった変化球にもついていき、セカンド内野安打。今年の浦和学院の選手の中では最も打撃の形がいい選手だ。

 スクエアスタンスで構え、ブレを防ぐために、ほぼノーステップで構え、骨盤を鋭く回転させ、インサイドアウトで捉えることができる。どのコースに対してもきれいにバットが出るため、高確率で安打が期待できる。第2試合は捕手もこなして、軽快なスローイングを見せていたが、歴代の浦和学院の選手の中でも野球センスはトップではないか。