5日、第103回全国高校野球選手権神奈川大会の組み合わせ抽選会が行われる。全国で最も早く夏の組み合わせが決まる。2年ぶりの開催となる神奈川大会。今大会は176チームが参加し夏の神奈川の頂点を決め、甲子園への切符をかけて戦う。春季県大会の16強が今大会のシード校。顔ぶれは以下の通り。

第1シード:東海大相模桐光学園日大藤沢横浜
第2シード:横浜商相洋向上横浜創学館
第3シード:三浦学苑星槎国際湘南横浜隼人湘南学院横須賀学院光明相模原日大高相模原弥栄

 注目は選抜覇者で現在6季連続県王者に君臨する東海大相模。春季関東大会では日本航空を前に初戦敗退を喫すも、エース石田 隼都以外の4投手を起用。夏へ向けて経験を積ませた。春準Vの桐光学園は関東大会4強入りを果たした。エース中嶋 太一日大三戦では自己最速の148キロをマークするなど、力を存分に発揮した。夏も東海大相模の対抗馬筆頭となるだろう。

 そしてノーシードにも強豪の名前が並ぶ。昨秋関東大会出場の鎌倉学園、県4強の桐蔭学園や、春の初戦で東海大相模と激戦を演じた平塚学園など。早い段階で好カードが続失しそうだ。

<ノーシードで挑む主な強豪校>
慶應義塾
桐蔭学園
鎌倉学園
立花学園
平塚学園
武相
横浜商大高

 開幕は7月10日(土)。県内11球場で175試合が行われる。決勝戦の予定日は7月27日(火)となっている。