夏の神奈川大会の組み合わせが決定し、いよいよ夏の足音が近づいてきた。集大成となる大会に向けて各チームが最終調整に入るが、神奈川県は全国屈指の激戦区。多くの逸材が夏の大会を盛り上げてくれるはずだが、今回は春の県大会でベスト4に入ったチームを対象に、気になる注目選手たちをピックアップした。夏の大会では期待通りの活躍を見せてくれるか。それともここには出てこなかった新たな選手が活躍するか楽しみだ。

東海大相模
大塚 瑠晏
世代屈指のショートストップ。高校生離れの軽快な動きから打球に追いつき、アウトを演出する姿は鮮やかの一言。バッティングにもパンチ力がある。

門馬 功
父は監督の門馬敬治氏。選抜では大塚主将に代わり代理主将として優勝に導いた。県大会でも打率.474と好調を維持して関東大会進出に大きく貢献した。

桐光学園
内囿 光人
中学時代は世田谷西シニアで腕を磨いた逸材。軽快な守備を見せるなど、大学でも即戦力の活躍が十分可能な実力者。

澁澤 康羽
二刀流の活躍を見せる主力選手。投げては安定感光る投球を見せ、打っては中軸に座り、鋭いスイングで打球をはじき返していく。県大会、関東大会ともに安定した活躍ぶりを見せた。

横浜
安達 大和
ジャイアンツジュニア、江戸川中央を経て横浜に入学。中学時代は全国大会に4度出場するなど経験豊富で、春の県大会では打率.444を記録した強打者。

立花 祥希
小学生の時は中日ドラゴンズジュニア。そして中学時代はNOMOジャパンに選ばれた逸材。打率.400も打点はチームトップタイの5打点を記録した。

日大藤沢
提坂 朋和
県大会では2本のホームランを放つなど、打率.444の活躍を見せた日大藤沢のクリーンナップ

柳澤 大空
一部スカウトからは糸井嘉男と比較されるほどのポテンシャルを秘めており、東海大相模との県大会準決勝は2打席連続ホームランを放つ活躍を見せた。

(記事:編集部)