6月8日、第103回千葉大会の組み合わせが決まった。公立校で唯一Aシードに入った県立船橋は稲毛、印旛明誠の勝者と対戦する。昨秋は地区初戦で習志野を撃破も3回戦敗退に終わった。しかしこの春は、実力校を次々と撃破しベスト4進出を果たした。県立船橋の春の戦いぶりは以下の通り。

【春季地区大会】
代表決定戦 船橋北 4-0

【春季県大会】
2回戦 千葉黎明 4-3
3回戦 東海大市原望洋 10-5
準々決勝 市立船橋 8-7
準決勝 専大松戸 0-7

 準決勝で選抜出場の専大松戸と対戦も0対7の大差で敗退。この夏にさらなる進化した姿を見せることができるか、注目が集まる。

(記事=編集部)