【トーナメント表】第103回千葉大会の組み合わせ

 6月8日、第103回千葉大会の組み合わせが決まった。注目の専大松戸は勝者の対戦する。昨秋は県3位から関東4強入りし選抜出場。この春は県準優勝から関東大会初優勝を達成し今年の千葉で最も経験豊富なチームだ。

 今年はエース・深沢 鳳介岡本 陸ら盤石な投手陣に加え、打線もこの春で大きな成長を見せ隙のないチームとなった。そんな専大松戸の春の戦績は以下の通り。

【千葉県大会】
2回戦 銚子商 5-0
3回戦 流通経済柏 8-0
準々決勝 習志野 13-2
準決勝 県立船橋 7-0
決勝 千葉学芸 2-8

【関東大会】
2回戦 駿台甲府 6-0
準々決勝 浦和学院 9-5
準決勝 桐光学園 3-2 
決勝 関東一 7-6

 県内のライバル校が打倒・専大松戸で挑んでくる中で、春夏連続甲子園出場を果たすことができるのか、注目だ。

(記事=編集部)