第103回全国高校野球選手権大会の臨時運営委員会(委員長・八田英二 日本高等学校野球連盟会長)が21日にオンライン形式で開かれ、8月9日から予定通り開催することを決めた。

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、観客については一般への入場券の販売はせず、保護者や生徒などの学校関係者に限定。アルプススタンドではなく、屋根のある内野席で観戦。全試合で入れ替える。

 組み合わせ抽選会は8月3日にオンラインで開催。代表校は8月2日の東西・東京大会で出揃う予定。甲子園練習やドリームシートは、今大会では実施されない。

 主催者側は可能な限りの新型コロナウイルス対策を施し、2年ぶりの選手権大会を最後まで実施する方針を示し、観客については理解を求めた。