クラーク記念国際の長い長い初回の攻撃は、30分以上にも及んだ。打者22人が8安打を放ち、10四球を選んで16点。ちょうど1年前、同じ秋季空知地区1回戦の初回に美唄尚栄から奪った12点が、これまでの公式戦1イニング最多得点だった。

 1試合計29点も同じ試合でマークした21点を上回るチーム史上最多。先発全員の21安打を相手投手に浴びせ、29対0の5回コールドでスタートダッシュを決めた。佐々木啓司監督は「遅いボールを打つのは決して簡単ではないが、よく打ったし、しっかり(四球を)選んだ」と、緩いボールをしっかり待ち、つなぎにつないで、先輩たちを凌駕した打線をほめあげた。

 優勝した昨夏の独自大会を含めて3年連続で北北海道大会の決勝まで駒を進めていたが、今夏はまさかの北北海道大会1回戦負け。5年ぶり甲子園出場の夢が少し早く潰えた翌日から、白取 太郎新主将(2年)の新チームが始動した。

 これまで「大会前ぐらいしかやらなかったと思う」(白取)という選手ミーティングを1ヶ月に3~4回召集して部員のコミュニケーションの機会を増やすとともに、トレーニング内容から寮内の行動まで、チームで守るべきルールを全員が徹底した。「今日のように、試合でも全員の意識がつながるようになった」と白取は話す。



緩急を使った投球で、3球三振4人を含む6者連続空振り三振を奪ったエースの山中

 この日は、投げる方も5回を4人がノーヒットでつないだ。先発した左腕エース山中麟翔(2年)、2番手で登板した右の田中 聖人(1年)は、2人で9人連続奪三振を記録。3番手で投げた右の中村 光琉(1年)、抑えの辻田 旭輝(2年)も無安打に封じ、相手にほとんど何もさせなかった。15人の打者から13個という驚異的な数の三振を奪い、2日後の2回戦進出が決まった。

 「僕たちは強い。今大会の目標は、北海道大会優勝、そして(11月予定の)明治神宮大会、センバツ甲子園」と白取主将。創部8年目で初の〝春〟に向け、クラーク記念国際がまずは最高のスタートを切った。