ドラフト会議も近づき、具体的な名前が上がってきた。解説者がドラフト候補を評価する番組も増えてきた。その中で絶賛する声が多いのが前川 右京智辯学園)である。

 高校通算37本塁打のうち、公式戦での本塁打が11本。脅威的な勝負強さを発揮しているが、前川が評価されているのは打席に入った時の雰囲気、スイングスピードの速さ、高校生とは思えない体つきだ。まだ投手の球をみていないので、不安と話す前川だが、木製バットの対応は打撃練習を見る限り、かなり良い。

 果たしてどの球団が指名するのか楽しみだ。

(動画を見る)