甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2017年に4年ぶり2回目の夏の甲子園出場を果たした彦根東(滋賀)ナインの主な選手たちのその後を紹介する。(学年は当時)

投手 増居 翔太(2年)=慶應義塾大
投手 原 功征(2年)=早稲田大
投手 松井 拓真(3年)=金沢大医学部野球部
捕手 條野 正宗(3年)=大阪教育大
内野手 原 晟也(3年)=明治大準硬式
内野手 朝日 晴人(2年)=慶應義塾大
内野手 吉本 孝祐(3年)=筑波大
外野手 高村 真湖人(3年)=大阪市立大
外野手 辻山 知志(3年)=大阪市立大
外野手 太田 剛志(3年)=大阪市立大

 甲子園での2試合で4安打をマークした「1番・遊撃手」の原 晟也は、明治大へ進学し準硬式野球部に入部。1年秋にはリーグベストナインに選出された。昨年は全日本大学9ブロック対抗大会の全関東選抜メンバーとして準優勝も経験した。

 初戦の波佐見(長崎)戦では第2打席に本塁打も放った「6番・一塁手」の吉本は筑波大へ進学後、投手として才能が開花。最速147キロのリリーフとして投手陣を支え社会人野球の舞台でも硬式野球を継続する。

 開幕試合だった初戦、波佐見戦で先発した当時2年生の増居は慶應義塾大に進学。昨春は4勝を挙げリーグ優勝、そして全日本大学野球選手権優勝に貢献。全日本大学野球選手権では2勝を挙げ最優秀投手にも選出された。シーズンオフには侍ジャパン大学候補合宿のメンバーにも選出され、来秋ドラフト候補左腕として注目を集めている。

 同じく2年生で「2番・二塁手」のレギュラーだった朝日も増居とともに慶應義塾大へ進む。昨春からレギュラーの座をつかむと2季連続優勝、全日本大学野球選手権優勝、明治神宮大会準優勝へ牽引。昨春は増居とともにリーグベストナインに選出された。

 2回戦の青森山田(青森)戦で先発を任された原 功征は早稲田大に進学し、昨春リーグ戦デビューを果たす。来シーズンからは副主将に就任し、増居、朝日を擁する慶應義塾大から王座奪還を目指す。