東都一部の亜細亜大に入学する投手のレベルが高いと評判だ。

最速146キロ左腕・山城 京平興南
最速152キロ右腕・肥田 優心享栄
最速149キロ右腕・斉藤 汰直武庫荘総合)
最速143キロ左腕・本田 峻也東海大菅生

 この4人はプロのスカウトからも注目された存在だ。肥田は夏の大会開幕までプロ志望だった投手。ただ最後の夏に故障もあり、相談の結果、進学となった。斉藤もキャッチボールやブルペンの投球からみてもモノが違う投手で、山城も興南訪問時のキャッチボール、投球練習を見てもキレが違った。

 本田も駆け引きの巧さは優れており、もともとの直球の切れ、カットボール系の精度が復活すれば、1年生から登板も期待できる逸材だ。

 4年後、ドラフト指名候補。そして強豪社会人へ進める投手となっているのか注目だ。

(動画を見る)