高校野球ドットコム

卒業生
福元 悠真

福元 悠真(智辯学園)

都道府県:
高校:
学年:
2018 年卒
ポジション:
右翼手
投打:
右/右
身長:
178 cm
体重:
75 kg
データ最終更新日:2017年3月19日

寸評

 ドラフト候補として注目された今春の選抜大会では、2試合で僅か1安打に終わりモノの違いを魅せつけることなく終わってしまいました。改めてこの選手が、どのような選手なのか考えてみたい。

(どんな選手?)

 三拍子揃った高い身体能力を秘める、貴重な右の強打者です。特にボールを飛ばす才能も秘めており、高い将来性を感じます。

(守備・走塁面)

 一塁までの到達タイムは、右打席から4.2秒前後とかなりの俊足。これを左打者に換算すると、3.95秒前後に相当します。しかし昨年のレポートでも書いたとおり、その走力の割に盗塁数が極めて少ない。走力の割に、盗塁を試みる機会が少ないもったいない選手でもあります。

 特に打球への反応や球際でのキャッチングに悪い部分はなく、高校生としては上手い部類の外野手だと言えるでしょう。地肩もプロの基準以上であり、高校生としては上位のレベルにあります。

(打撃内容)

 新チーム結成以後の秋の成績では、チームトップの9本塁打を放っています。特に腕がしっかり伸びるところには強く、逆に腕をたたんで打つ内角寄りの球をさばくのに課題があります。それでもチームトップの、打率.485厘と高いアベレージも残しています。

<構え> ☆☆☆

 前足を軽く引き、グリップの高さは平均的。腰の据わり具合・全体のバランスとしては平均的だが、両眼でしっかり前を見据えて構えることができている。そのため錯覚を起こすことなく、球筋を的確に追いやすい。

<始動> 遅め

 投手の重心が下がりきって、前に移動する段階で動き出す遅めのタイミング。できるだけ手元まで引きつけてから動き出すので、最大限エネルギーをボールに伝えることができる長距離打者に多く観られる始動です。

<下半身> ☆☆☆

 足を軽く上げて、少しベースから離れた方向に踏み出すアウトステップ。始動~着地までの間は短いので、狙い球を絞って叩く 点 の打撃となります。それでも踏み込んだ足元はインパクトの際にブレないので、打ち損じの少ないスイングになっています。

 少しベース側に離れて踏み出すことで、苦手な内角球を捌くためにスペースを確保しようという意志が感じられます。ただその打撃が、まだ板についていないのかもしれません。

<上半身> ☆☆☆

 打撃の準備であるトップの形を作るのは自然体で、ボールを呼び込む際に力みも感じられなければ、立ち遅れることもありません。バットの振り出しは、けしてインサイドアウトに最短距離で出るスイングではありません。しかし外の球に対しては、バットのしなりを活かし強く叩くことができていますし、ロスは感じられません。課題は、やはりボールとの距離間をいかにうまく図れるかではないのでしょうか。

 ボールを捉えたあとも、大きなスイングで弧を描き、最後まで実に力強く振り切りボールを後押しします。ボールを捉える際にも、バットの先端であるヘッドは下がっていなく広い面積で捉えることはできています。

<軸> ☆☆☆☆

 足の上げ下げが小さいので、目線の上下動は少なめ。身体の開きも我慢でき、軸足にも強さと安定感を感じます。目線が動かないので、ボールを狂いなく追うことができます。

将来に向けて

 選抜でいまいちだったのは、技術的な問題ではかったように思います。内角の捌きには多少課題は残しますが、上のレベルを意識できたスイングになっています。とりあえず今は、夏の巻き返しに期待しています。

情報提供:2017.04.09

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事