高校野球ドットコム

羽田 慎之介

羽田 慎之介(八王子)

都道府県:
高校:
学年:
3 年
ポジション:
投手
投打:
左/左
球速:
149 km
身長:
190 cm
体重:
85 kg
データ最終更新日:2021年7月25日

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評

レポートから抜粋
 5月9日、春季県大会優勝の千葉学芸は春季都大会ベスト8の八王子と練習試合を行った。両校にはスカウト注目の逸材がいる。高校通算58本塁打の有薗 直輝擁する千葉学芸と最速149キロを誇る191センチの大型左腕・羽田 慎之介。2人の対決に多くの球団スカウトがつめかけた。

 羽田は大会終了後から3試合目の練習試合登板。それまで計2試合で、5回を投げて1失点の好投を見せており、最速148キロをマーク。都大会ではあまり投げなかった変化球の割合を増やし、都大会では20球程度だったが、30球、今では60球程度と制限しながら投げている。

 この日のスカウトの動きを追っていくと、羽田が試合前のブルペンに入ると一斉に動き出し、真後ろからビデオを構え、球筋を収め、試合になれば、あるスカウトはスピードガン、有るスカウトはビデオカメラを構えていた。

 羽田は正真正銘の剛速球左腕。同じドラ1候補・佐藤 隼輔仙台-筑波大)の投球もネット裏から見たが、上手さならば佐藤、スケールの大きさや勢いという点では羽田ではないだろうか。常時140キロ〜145キロのストレートを連発しており、最速は145キロだが、比較的、スピードが出やすいスピードガンが設置される球場ならば、140キロ後半に達していてもおかしくない。

 4イニングながら、ストレートは27球計測して、平均球速141.29キロは、今年測った高校生ではトップクラス。この春、千葉県野球場で150キロを計測した細谷 怜央中央学院)は手元のスピードガンで、141・91キロなので、ほぼ同等。しかも191センチの左腕が投じるボールである。千葉学芸・高倉監督も「凄いボールでしたね!今まで見たことがないボールを投げていて、勝敗云々より有薗との対戦は本当にワクワクしました」と敵将を興奮させるほどの圧力があった。

 対戦した有薗も「今まで対戦した投手の中では速球の勢い、変化球のキレもトップクラスのものがありました。角度もみたことがないものでした」と語れば、板倉も「ストレートも凄いのはわかっていたんですけど、それ以上にスライダーの切れ味がすごかったです」と変化球の切れ味を絶賛する。

 この日、羽田は120キロ前半のスライダー、130キロ前半のカットボールを投げたが、いずれも鋭角な曲がりを見せる。豪腕タイプとしては申し分ない精度の高さがある。ただ羽田自身、大会後3試合の中では良い出来とはいえなかったようだ。
 「正直、良くなかったです。スライダーの曲がり方は良くなかったですし、右打者、左打者に対して投げるスプリットを投げるのですが、今日はブルペンからあまり感触がよくなかったので、投げませんでした」と語る。

 確かに試合前のブルペンではスプリットを投げて練習する姿があった。つまりブルペンでその日の投球プランを考えていたのだ。長身の素材型に見えるが、ただ不器用な左腕ではなく、その日によってどんな投球を描くのか、しっかりと考えている投手だ。

 この試合は4回を投げて、58球、3奪三振、2四球、無失点の好投。夏へ向けて順調に仕上がっているといえる。

情報提供・文:2021.05.09  河嶋 宗一

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事