エース・松田のギアチェンジが功を奏す 西武台下し5回戦へ

 6月に花咲徳栄を取材した時、岩井監督はきつい組み合わせに入ったと語っていた。

 朝霞春日部東とコールド勝ちしたとはいえ、あっさり勝ったといえるものではない。そして4回戦では実力校・西武台と対戦した。岩井監督は「苦しい試合になると思っていました」と語り、西武台の河野監督は「この試合に向けて気持ちを高め、準備をしてきました」と話す。

 エースの松田 和真は常時130キロ後半の速球、125キロ前後のスライダーを中心に投球を構成する。何度もピンチを迎えながらも要所で決まる高めのストレート、スライダーが冴え渡り、点を与えない。

 一方、西武台は右の技巧派・山木優宏がのらりくらりと交わし、3回無失点の好投を見せると、4回裏には、左腕の岩崎 寛太が登板。100キロ以下のスローカーブを織り交ぜ、花咲徳栄打線の打ち気を逸していき、また外野手のポジショニングも冴え渡り、着実にアウトを積み重ねる。

 だが、花咲徳栄は5回裏、二死満塁のチャンスを作り、この春にかけて打撃面が成長した鹿野 亮太が左前2点適時打でまず先制点を掴む。

 それでも苦しい状態は続き、6回表、無死一、二塁のチャンス。打者は西武台4番の渡邊新太だ。ここまで渡邊は鋭いライトフライ、クリーンヒットと良いあたりが続いている。要警戒しなければならない相手だ。ここで渡邊は二度バントを試みるが、2ストライク先取。ストレートで見逃し三振を奪い、まず一死。さらに松田は続く5番金田幸大、6番青山 廣大も三振に奪い、三者連続三振でピンチを切り抜けた。

 松田は「ギアチェンジというのをテーマにしていて、6回の場面については4番打者に早めに2ストライクをとれたのがよかった」と振り返った。ギアを入れる場面でストライク先行ができたことが功を奏した。西武台からすれば、痛い試合運びだった。