浦和学院が7回コールド 三奈木、宮城の主力投手を温存して4回戦突破

 初戦、苦戦を制した浦和学院。勝ち進むごとに強さを発揮している。東農大三戦でも序盤から主導権を握る。

 1回表、吉田 匠吾(3年)が出塁し、3番松嶋 晃希の適時二塁打で先制。さらに藤井 一輝の適時打で2点を先制する。さらに3回表には吉田 瑞樹(3年)がレフト上段に飛び込む2ランで4対0、さらに押し出し死球で1点を追加し、5回表にも敵失で1点を追加し、6回表には無死二、三塁から5番藤井の犠飛で1点を追加し、8対0と点差を広げる。

 投げては吉田 匠吾が好投。昨秋から投手の練習を本格的にはじめ、投球の出し入れなどを鍛えてきた。リードする吉田 瑞樹は「コントロールも良いので、テンポ良く投げさせることを意識しました。実にリードがしやすい投手です」と制球力の高さを高く評価する。

 5回を投げて、4奪三振、無失点の好投を見せた吉田は6回から二塁を守り、6回裏からマウンドに登ったのは左腕・芳野大輝。練習ではライトでノックを受けていたが、投手としても完成度が高く、最速131キロのストレート、スライダーを投げ分けて無失点の投球を見せた。森監督は「暑い中、吉田、芳野もよく投げていたと思います」と好投の2人をたたえた。

 この日は主力投手の宮城 誇南三奈木亜星の2名がベンチスタートで、出場することなく、試合を終えた。ただでさえの猛暑。体力の消耗度を考えても、この2人をベンチに控えさせて4回戦を勝利できたことは大きいだろう。

(文=河嶋 宗一

【トーナメント表】第103回埼玉大会の結果
【レポート一覧】第103回埼玉大会
【レポート一覧】第103回大会