作新学院は不安を残しながら決勝へ!宇都宮工には投打で逸材揃う



勝利を決めた作新学院

 5月5日、春季栃木県大会の準決勝第1試合、作新学院vs宇都宮工の一戦は作新学院が制した。

 2011年から9年連続で甲子園出場を果たしている作新学院。相手のスキを伺うスピード野球は健在だが、不安を残す部分もあった。宇都宮工の先発・植竹 遼(はるか)は中々の好投手だった。無駄のないテークバック、球持ちの良いリリース、安定した体重移動。フォーム技術が高い。ストレートは常時130キロ〜135キロと両サイドに投げ込み、120キロ中盤のスライダー、フォーク系統の変化球を低めに集める。そんな植竹に対し、作新学院は2番相葉 秀三が二塁強襲安打。外野手が深めに守備をとっていたこともあり、相葉はそのスキをついて一気に二塁へ。さらに相手の二塁手のエラーの間に、またもボールが後ろへ転々とする間に生還。作新学院が1点を先制する。

 先手必勝の作新学院が1点を先制してからはさらに勢いに乗り、3回表、9番井上 力斗の三塁打から2番相場が敵失を誘う鋭いゴロを放ち、1点を追加。3番大房 健斗が左越えの適時二塁打でさらに1点を追加し、3対0とリードを広げる。結果的に5回まで6三振を奪われたように、植竹の投球は作新学院打線に通用するほどのストレートの威力、変化球のキレはあった。制球力も高い好投手に対し、3点を先取できたことについて3番の大房 健斗
 「序盤、中盤、終盤と分けて点をとっていくことをテーマにしていて、自分たちはなかなか序盤に点がとれなかったので、序盤で点を取れたのは良かったと思います」
と振り返った。

 先発の井上は左オーバーから120キロ後半の速球、120キロ近いスライダー、カーブ、チェンジアップを低めに投げ分け、打たせて取る投球。4回まで無失点に抑えていたが、二死満塁から3番福田空脩にレフトへ適時二塁打を打たれ、2点を失う。

 6回からリリーフ登板した林 拓希は130キロ前後の速球と120キロ中盤の縦変化を描くカットボールでコンビネーションで宇都宮工打線を封じる。林は2019年夏の甲子園に出場した時のエース・林 勇成さんの弟だ。小針監督も「結果恐れず、自分のテンポで投げることができていた」と評価するように、リズミカルに宇都宮工の打者を打ち取っていく。

 しかし9回裏、一死一、二塁のピンチを招いたところで投手交代。マウンドに登ったのが背番号18の佐藤 優成だ。174センチとそれほど上背はないが、作新学院の右投手らしい分厚い下半身からスリークォーター気味に振り下ろす速球投手で、常時133キロ〜138キロの速球でねじ伏せる。明らかに勢いがあり、140キロを超えていてもおかしくない投手だ。しかし8番飯塚 太永の右前2点適時打で1点差に迫られるが、後続の打者を併殺に打ち取り、28回目の関東大会出場を決めた。