都立豊多摩「長所を伸ばす」指導で打線爆発、都立南平アクシデントに泣く

 都立豊多摩都立南平の一戦は、終盤に流れが一気に変わる試合となった。

 試合は都立豊多摩が3回に3番・藤曲 眞平のタイムリーで先制をしたものの、都立南平が4回に8番・平尾 心希の犠牲フライで同点とした。そして5回には5番・橋本 翔平のスクイズで都立南平が1点をリードして試合を折り返した。

 投手戦の緊迫した試合の流れが一気に変わったのは8回だった。
「行けるところまで引っ張る予定でしたが、足がつったので代えました」と都立南平・竹中監督の判断で、先発・小林 寛太は7回途中で降板する。これに都立豊多摩が救われるような形になった。

 2番手・吉原 聖也を攻めて立てると、2番・深谷 美千顕が満塁からセンター頭上を越えるタイムリーで逆転に成功する。さらに、その後も打線がつながり、4番・藤岡 利凪のタイムリーなどで一気に7点を追加して9対2とした。これで7点差がつき、7回コールドが成立して、都立豊多摩が逆転で4回戦進出を決めた。

 前回の東農大一戦も追いかける展開から都立豊多摩は勝利をつかんでいる。この勝利には平岩監督も「繋ぐという意識よりも、俺が決めてやるくらいの気持ちでいる選手が多いです」と話しており、ここまでは気持ちの強い選手たちが、勝負所で力を発揮して勝利に結びつけているようだ。

 そんな都立豊多摩は、「良い打者が揃っている」と都立南平の竹中監督も話している通り、打線が活発なのが印象的だ。

 決勝打を放った2番・深谷をはじめ、前回の東農大一で目立った1番・外内 滉大に3番・藤曲、さらにホームランを放った6番・渡邉 舜など各打者の実力が高い。もちろん練習の成果が発揮されているからこその強打だが、平岩監督の指導も1つ関係している。

「広角に打ち分けることが出来るのは、ポイントが2つくらいあって、天性的な部分だと思っているんです。だから、無理に苦手な方向に打たせようとするのではなくて、選手それぞれが持っている力をそのまま発揮できるようにさせています」

 まんべんなく打てるようにするのではなく、個性を伸ばし続ける。こうすることで、都立豊多摩は打者の力量を伸ばし、強力打線を形成することに繋がった。「次はサウスポーが相手だと思いますが、打ち崩そうと思います」と深谷は意気込みを語った。伸ばし続けた個性で磨いた攻撃力で、4回戦以降も結果を残すことが出来るか楽しみだ。

(取材=編集部)

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)

【トーナメント表】第103回西東京大会の結果
【レポート一覧】第103回西東京大会
【レポート一覧】第103回大会