辛抱の明大明治、中盤に追いつき終盤逆転、9回の大ピンチも凌ぎ切る

 最後の最後まで緊張感のある好試合だった。そして、明大明治が初回に奪われた2点に苦しみながらも、1点ずつ返していき6回に同点、7回に逆転。9回にもう1点追加したが、その裏には無死満塁で、一打逆転サヨナラというピンチの場面となったが、何とか凌ぎ切って4回戦進出を果たした。これで、次は今春のセンバツ出場校で今大会も優勝候補筆頭とされている東海大菅生に挑むこととなった。

 就任してほぼ2年となる明大明治の加藤 和幸監督は、「こんなしんどい試合は、今の3年生は初めての経験だったのではないでしょうか。島岡御大の『何とかせい』じゃないですけれども、何とか凌ぎ切りましたね」と苦しい戦いをモノにして安堵していた。

 初回、明大明治は立ちあがり好調の工学院の島﨑君に対して3者凡退であっさり攻撃を終える。そしてその裏、工学院は先頭の須藤君が左前打すると死球で無死一二塁。3番水野君は内角やや高めの球を叩いてライナーの打球で右越二塁打して2者を帰した。無死で、2点を奪いなおも無死二塁。明大明治としてはいきなり苦しい場面となったが、その後は、先発した2年生の内海君が何とかこらえていった。加藤監督は、「内海には3点までは取られても仕方ないかなとは思っていましたが、いきなり2点でしたからね」と、結局3イニングで益山君につなぐ形になった。

 4回には明大明治は4番山崎君の中前打で1点を返していただけに、ここからは投手戦の様相となっていった。明大明治としては、何とか、あと1点を追いつきたいところであったが、工学院の島﨑君は安定した投球でそう簡単には攻め入るスキはないぞという感じでもあった。

 ところが6回、明大明治は二死走者なしから2番山本君以下、宮崎君、山崎君の3連打でついに同点に追いついた。そして7回、四球と佐藤君の安打で一死一二塁として、二走の田中君の巧みな判断の盗塁で一三塁として、8番に入っていた益山君の中前へポトリと落ちる安打で帰してついに逆転となった。さらに、9回には一死から田中君の左翼へのソロホーマーが飛び出して2点差。明大明治は余裕をもって逃げ切れるかと思われた。

 ところが、工学院も粘る。先頭の7番島﨑君が安打で出ると、雨宮 啓太監督はすぐに代走石田君を送り込んで勝負を賭ける。続く住吉君四球で、住吉君のバントが内野安打となり無死満塁。攻める方も守る方も、緊張する場面だが、1番須藤君の打球は遊ゴロとなり本塁封殺。一死満塁となったところで、岡崎君には内角を攻めすぎて死球。押し出しで1点差となった。

 ここでこの日二塁打2本の水野君を迎えたが、「外野飛球で同点まではOK」と加藤監督は思って、延長になったら、またそこから始めればいいと腹をくくっていたという。

 ところが、水野君の打球は内野飛球。続く並木君も内野ゴロとなり、明大明治は益山君が苦しい場面を踏ん張って逃げ切った。結果としては、9回の田中君の本塁打が決勝本塁打ということになった。

 社会人野球のヤオハンで監督も務めた経験もある加藤監督は、「守り負けないチームにしていきたい」と、質の高い野球を伝えながらも、そこに明治魂を融合させていき、勝負強いチームを作り上げていっている。

(取材=編集部)

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)

【トーナメント表】第103回西東京大会の結果
【レポート一覧】第103回西東京大会
【レポート一覧】第103回大会