体幹もしっかりしており、打っても4番を任される足立新田・大脇

 11月の最後の週末。ほとんどの学校は、この週末をもって、今季の対外試合日程は終了する。そして、来年3月の、対外試合解禁日までは、地味なトレーニングや体力強化といったメニューをこなしていくことになる。また、チームによっては、この期間には読書を必須としたり、ミーティングを含めて座学を多くしていきながら、考える力を身に付けさせていくというところも少なくない。

 いずれにしても、秋季大会の結果を踏まえて、そこで見えてきたチームの課題や弱点をどう補っていくのかということになる。年内最終の対外試合では、その課題の再確認といった意味合いもあると言ってもいいであろうか。

 そんなこともあってか、この時期の大会試合は、お互いに気心のよく知ったチーム同士で組むということも多いようだ。都立総合工科都立足立新田も、そんなことでこのところは定番となっている顔合わせだ。この両チームは、新チームになって、これで4度目の対戦ということである。

 都立足立新田を率いる有馬 信夫監督は1999年夏に城東を甲子園に導いた実績がある。「都立校だって本気で立ち向かっていけば甲子園出場は出来る」ということを具体的に示し、東京都の高校野球地図を変えた男とも言われている。あれから20年以上の歳月が流れたが、多くの都立校の指導者たちは、有馬監督を一つの目標として励んできたという経緯もある。

 そして、都立校ではその2年後の城東のほかにも都立雪谷都立小山台なども甲子園出場を果たしている。また日野都立片倉なども都立の強豪校となって上位進出を果たしている。そして、この秋も都立狛江がベスト8に進出して、21世紀枠の代表候補として東京都の推薦を受けている。

 有馬監督は城東を甲子園に導いた後、都立保谷都立総合工科と異動し、現在は都立足立新田で指揮を執る。都立総合工科の弘松 恒夫監督は都立府中工から異動してきて、有馬監督の後を引き継いでいる。弘松監督は、「有馬監督からは、いろいろ学ばせていただいているので、有馬先生のところとの練習試合は大事です」という思いで毎年、この時期の定番となっている試合を大事にしている。

 この秋は、両校ともにブロック一次予選で敗退。都立足立新田東亜学園に、都立総合工科東京成徳大高に、敗れて悔しい思いをしている。それだけに、この冬を越えて、来春は春季大会の本大会に進出するということが、まず身近な目標ということになる両校だ。