Column

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.17


工藤 勇一さん

学校教育において、子どもたちの民主主義を実践してきた工藤勇一さん。
麹町中学の校長時代、生徒たちが主体的に学校運営に関わり、生徒たち自ら学校改革を進めたことで注目を集めた。2024年3月までは、横浜創英中学・高校の学校長を務めた。
そんな工藤さんは、20代後半~30代までは、中学校の野球部監督として、野球の指導にあたってきた過去がある。

その後、野球との距離は遠のいたものの、昨今、新しい高校野球を目指す指導者が増える中で、教育界に一石を投じてきた工藤さんに、高校野球だけでなく、学校スポーツ界全体に対して思うことを率直に伺った。
「ぼくが、日本のスポーツ界について述べるのは、このタイミングなんだろうかという思いはありますが」と一言置いた上で、工藤さんの考えを語っていただいた。

<関連記事はこちら>
連載『新しい高校野球のかたちを考える』を読む

部員全員がOKの最上位目標を定めてみよう

――学生たちが実践できる民主主義とはどんなものでしょうか?

工藤さん:ある1学期に、校長室のドアを開けて廊下に出たら、2人の女子生徒がぼくに質問をしてきました。
『校長先生。突然なんですけど、組織をまとめるためにはどんなことしたらいいですか?』って。ぼくはこんな風に答えました。
いや、いきなりか。ずいぶん難しい問題だな。そうだな、時間もないので1個だけ大事なことを言うね。一番大事なことはね、目標なんだよ。一番上の目標をどう設定するかだな。

企業では、フィロソフィーとか、パーパスとか言うそうだけど、会社でもっとも大切にしている目標のことを考えてみようか。
もし、その会社でもっとも大切にしている目標のことを、社員の一部の人たちが、『この目標は納得できない』と考えていたとしよう。だとすると、この組織はね、始めからもう崩壊していることになる。つまり絶対に上手くいかない会社だ。
なぜなら、この目標を納得できないと思っている人は、この目標を実現するための手段を考えられないよね。だから組織は、最初から分裂している。

つまり、この人たちは、常に上司の顔色を見ながら、無理矢理、がまんをして仕事をしているということだよね。

じゃあ、これを部活に合わせて考えてみようか?
「県大会で優勝しよう」なんて目標を掲げている部活は、これと同じだね。やる前から崩壊しているってことだよ。なんでかというと、この部活に入るのは、このスポーツを楽しみたいと思って入ってきた人もいる。自分は運動も得意じゃないから、スポーツを楽しみたいという人。その一方で、運動も得意で県大会で優勝したいという人もいる。

じゃあ、どういう行動をとるの? 難しいでしょ? 部長さんは、まとめることできるかな?
目標は、みんながOKな目標を掲げないと、この組織は最初から崩壊するんだよと、その生徒たちに話しをしたら、彼女たちは、
『そっかー。じゃあ、わたしたちはだめだったんだー。そういう目標を掲げちゃったかぁ。』って笑いながら言ったんです。 だからね、勝ちたいって思ってる人も、楽しみたいという人も、全員がOKな目標というのは、そのスポーツを楽しみたいっていうのであれば、みんなOKなんじゃないかな? 苦しみながら、勝ちたいと思ってるかな?

やっぱり、生徒たちにはそのスポーツを楽しむためにやってることを忘れてほしくないですね。どんな部活においても、最上位の目標にはこのスポーツを思いっきり楽しもうよというのを掲げておきさえすれば、たとえ部員内に対立が起きた時でも、全員が最上位の目標の実現を優先させながら、「じゃあ勝ちたい人が勝てるようにしていくためには、どんな運営方法がいいんだろう?」とか、「どんな練習方法がいいんだろう?」と意見が言えるようになっていくのだと思います。
残念ながら、日本では大人でさえ、この上位目標と下位目標の区別がいまだにできないんですよね。

次のページ:地域で高校の野球のリーグをつくってみよう

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 安田 未由

関連記事

もっと見る

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.19

夏の兵庫大会のヒーロー候補21人!報徳学園・今朝丸、神戸弘陵・村上の「151キロ右腕二人」が筆頭格!投打にタレント揃いの東洋大姫路にも注目

2024.06.19

【山梨】20日に抽選会!県内10連勝の山梨学院が軸、日大明誠、駿台甲府が追う<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.19

【福島】日大東北が延長10回サヨナラ勝ちで優勝、全日程を終了<春季支部選手権大会>

2024.06.19

【熊本】20日に抽選会!熊本国府のほか、文徳、九州学院、専大熊本玉名にもチャンス<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.19

ノーシード大分商が初戦勝てばシード大分舞鶴と対戦、大分初の夏4連覇を狙う明豊は初戦で148キロ右腕と対戦も【2024夏の甲子園】

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.14

慶應&大阪桐蔭が四国の5チームに伝えた「全国で勝つための方法」とは!? 香川・徳島招待試合がもたらした財産

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!

2024.05.24

春季近畿大会注目選手17人! 智辯和歌山の大型右腕、大阪学院大高の全国トップレベル遊撃手、天理のスラッガーコンビら逸材がこぞって出場!