試合レポート

【鹿児島NHK選抜大会】鹿屋農のエースが魂の熱投&勝ち越し弾!名門・鹿児島実を破り、決勝進出!

2024.06.02


勝ち越し本塁打を放つ鹿屋農・吉元 翔皇

【鹿児島NHK杯】 準決勝 結果一覧

<第66回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会:鹿屋農6-4鹿児島実>◇1日◇準決勝◇平和リース

春の鹿児島大会決勝の再戦。春の決勝は雨が降りしきる中、両チームともに1点が遠い展開だったが、今回は初回からスコアが動いた。

鹿児島実が1回、4番・原田 颯馬内野手(3年)の左前適時打で先制する。

2回は連続四球、連続バント攻撃、無安打で1点を追加した。4回には3番・高橋 裟輝亜外野手(3年)、4番・原田の連続適時打で更に2点を加え、鹿児島実の一方的な展開になるかと思われた。

鹿屋農は5回、1番・北園 昌之外野手(3年)の左前適時打で反撃の口火を切る。

5回からは先発左腕・吉元 翔皇投手(3年)からエースの右腕・竹下 慶哉投手(3年)にスイッチして、守備のリズムも立て直す。

6回、1点を返して、なお1死二、三塁で7番・福元 然内野手(3年)の中前2点適時打で同点に追いついた。

鹿児島実は先発の右腕・長田 鉄生(3年)から左腕・西 悠太朗(3年)にスイッチして流れを食い止めようとしたが、鹿屋農は7回、4番・吉元が右越え2ランを放って勝ち越しに成功した。

鹿屋農は5回以降をエース竹下が無失点で切り抜け、今春の県大会0対1で敗れた雪辱を果たし、初の決勝に勝ち進んだ。

鹿屋農は泥臭く、地に足つけた粘り強い野球が持ち味だ。

「全身全霊、魂を込めて勝負しろ!」

野球未経験者ながら、母校の指導に熱い情熱を注ぐ今熊浩輔監督はそんな言葉を勝負どころでかける。春の決勝戦で完封負けした鹿児島実相手に、中盤の集中打で逆転勝ちした中にも、その要素が凝縮されていた。

「投球がふがいなかった分、バットで返したかった」と4番・吉元は言う。先発したが4回まで7安打、6四死球で4失点と役目を果たせず、打席でも4回の好機に三振と、エースで4番の仕事ができていなかった。

それでも味方が粘って同点に追いつき、7回1死二塁の場面で汚名返上の好機がやってきた。フルカウントまで粘り、内角高めに抜けて肩口から入ってくるスライダーを、肘を畳んで球の軌道にバットを乗せ、左打者が左投手の変化球をスタンドに運ぶ「お手本」のような打撃で、値千金の勝ち越し弾を放った。

2点リードの8回、2死二塁で4番・原田を迎える。吉元の後を受けてマウンドを託され、試合を立て直したエース竹下は、この日も2打点挙げている県下屈指の右の強打者を迎え、「自分の持っている最高の投球をすることだけを意識した」。得意のスライダーで中途半端な空振りを2つとり、最後はバットも出ないほど絶妙な外角低目にスライダーが決まって見逃し三振。9回最後の打者はカーブで空振り三振をとり、初の決勝進出を果たした。

「高校野球には勝ち負け以上に大事なものがある」。バイブルにしている学生野球の父・飛田穂洲の本を忍ばせながら今熊監督は言う。人間形成、チームメートとの絆、いつも支えてくれている地元・鹿屋の人たちへの感謝の気持ち…。それを体現しようとする姿勢が、魂のこもった1投1打になり、今大会は樟南や鹿児島実といった名門校をも上回って決勝に勝ち進む原動力となった。

<関連記事>
・【鹿児島NHK選抜大会】神村学園が期待の2年生エース・早瀬の完投勝利で決勝進出!
・【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

この記事の執筆者: 政 純一郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.19

夏の兵庫大会のヒーロー候補21人!報徳学園・今朝丸、神戸弘陵・村上の「151キロ右腕二人」が筆頭格!投打にタレント揃いの東洋大姫路にも注目

2024.06.19

【山梨】20日に抽選会!県内10連勝の山梨学院が軸、日大明誠、駿台甲府が追う<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.19

【福島】日大東北が延長10回サヨナラ勝ちで優勝、全日程を終了<春季支部選手権大会>

2024.06.19

【熊本】20日に抽選会!熊本国府のほか、文徳、九州学院、専大熊本玉名にもチャンス<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.19

ノーシード大分商が初戦勝てばシード大分舞鶴と対戦、大分初の夏4連覇を狙う明豊は初戦で148キロ右腕と対戦も【2024夏の甲子園】

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.14

慶應&大阪桐蔭が四国の5チームに伝えた「全国で勝つための方法」とは!? 香川・徳島招待試合がもたらした財産

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!

2024.05.24

春季近畿大会注目選手17人! 智辯和歌山の大型右腕、大阪学院大高の全国トップレベル遊撃手、天理のスラッガーコンビら逸材がこぞって出場!