Interview

神村、鹿実の壁を破れ! 国分中央は「全力疾走・最大発声・真剣勝負」で鹿児島の頂点を狙う

2024.06.04


安井渉監督(国分中央)

昨今、鹿児島県内で着実に結果を残し、虎視眈々と頂点を狙っているのが国分中央だ。昨年の秋季大会では、準々決勝で神村学園に敗れるもベスト8進出。春季大会でも、準々決勝で鹿児島実に0対2で惜敗するも、安定した勝ち上がりをみせている。

そんな国分中央には、『全力疾走・最大発声・真剣勝負』というモットーがある。
その歴史を紐解くと、『全力疾走・最大発声』は下村幸太郎前々監督が作り、そして『真剣勝負』は、床次隆志前監督が付け加えたものになる。
脈々と引き継がれる国分中央のモットーが、チームにどのような影響を与えているか。国分中央の伝統と今に迫りたい。

安井渉監督は、このモットーこそが、チームの一体感を強化する要素であると語る。
「全力疾走・最大発声・真剣勝負。これだけは絶対にやろうねと選手と話していることなので、それがチームにも浸透して、この言葉のもと、チームもまとまっている感じですね」

主将の東田 誠矢(3年)は、この伝統について、「他のチームに負けないものが、『全力疾走・最大発声・真剣勝負』です。何事も全力ですることは、他のチームに負けないと思っています。また、今年のテーマでもあるんですが、『誰かのために全力で』っていうのは、ずっと毎日練習の中で言うようにしています」と語る。

同じくマネージャーの中馬あめり(3年)は、「日本一の高校生集団を意識し、野球以外でも一人の高校生として一人一人がお互いに高めあっています」と話す。
もう一人の3年生のマネージャー東祐来(3年)も、「国分中央のアピールポイントは、みんな仲が良く、全力で何事にも取り組み、誰かのために全力で野球をするというところです」と述べ、チームのモットーが部員たちに浸透しているのが伝わる。

そして、その共通のモットーの下、選手が自身で考え、練習中も甘えることなく指摘しあえるチームとなった。安井監督は、今年の4月に国分中央の監督に就任したばかりだが、選手たちが自主的に動く姿勢をすぐに感じたという。
「チーム内での指摘や、練習中のプレッシャーのかけ方は、他チームにはないような雰囲気だなと感じます。(選手同士)お互いに指摘をし合い、自分たちでパーって集合して『今のは、こうじゃない』とか、僕らが指示しなくても自分たちで話し合っている場面は多いです。特に守備に関しての意識は高いと感じます」

キャプテンの東田はチームについてこう語る。
「自分たちが1年生の頃から選手同士でチームをつくる、練習の中で先生が何も言わないぐらいのレベルで練習をすることを意識してきました。ミス1つに対しても全員で厳しく言っています。先生たちが言わなくても自分たちでできるっていうのが強みだと思っています」
さらに、4月に就任した安井監督については、「安井先生は自分たちのことを考えて、自主練とかも最後まで残ってくれたり、必死に自分たちと向き合ってくれます。言葉じゃなくて、行動で示してくれます。先生と一緒に頑張りたいなと感じています」と話す。

安井監督の指導の下、選手たちは日々成長を続けている。伝統ある国分中央と安井監督が、今後どのような化学反応を起こしていくのか、目が離せない。

東田誠矢キャプテン(国分中央)

<関連記事はこちら>
◆【鹿児島NHK旗決勝レポート】神村学園が2年生バッテリーの活躍で優勝
◆【鹿児島NHK旗結果一覧】神村学園が2連覇!鹿屋農を下す
◆【トーナメント表】春季鹿児島県大会 結果一覧
◆【野球部訪問】鳥栖工「仮面ライダー兄弟」の弟が驚異の2400回転ストレートで再び聖地へ!
◆【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.18

今年の埼玉はプロ注目左腕2人が牽引! WBC優勝戦士の弟にも注目!夏を盛り上げる17人の好投手たち【埼玉注目投手リスト】

2024.06.18

【佐賀】伊万里が優勝<西北部地区大会>

2024.06.18

埼玉の抽選決定!春王者の花咲徳栄は越谷東と初戦、連覇狙う浦和学院は正智深谷と対決!【2024年夏の甲子園】

2024.06.18

【宮崎】19日に抽選会!本命なき戦いか、投手の延岡学園、打の宮崎商が大会をリード<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.13

圧倒的馬力! 鹿児島実の151キロ右腕・井上 剣也の実力を徹底分析!ライバル・神村学園を翻弄する投球術を身に付けられるか?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.06.13

戦国千葉の組み合わせが決定!専大松戸のブロックに八千代松陰、市立柏ブロックに木更津総合、流通経済大柏と激戦ブロックが続出!【2024夏の甲子園】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得